チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

BS 醜い私たちの子 スペシャルMC出演

BS 醜い私たちの子 スペシャルMC出演



チャンヒョクさん、忙しいですね~!
楽しみですね~☆








チャン・ヒョク
SBS 醜い私たちの子 スペシャルMC出演、放送は未定

俳優チャン・ヒョクが「醜い私たちの子」のスペシャルMCとして出演する。SBS「醜い私たちの子」の関係者は2月12日ニュースエンに"チャン・ヒョク氏が最近のスペシャルMCで撮影を終えた。キム・ジョングクさんも同日録画に参加した放送日は未定である」と述べた。

2008年6月に結婚した後、もとの三人の子供を置いているチャン・ヒョクがした家の最もありお父さんとしてどんな活躍を広げるのか期待を集めている。チャン・ヒョクがスペシャルMC録画を終えた「醜い私たちの子」は、毎週日曜日の午後9時05分放送される。



WESTWOOD公式~写真&動画

WESTWOOD公式~写真&動画



2018 spring広告~☆



動画は~WESTWOODさんのfacebookに~☆



kkk99000000000000000000000050000146333201231791874381k2.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874382k2_201802170201072f2.jpg


kkk99000000000000000000000050000146333201231791874345.jpg   kkk99000000000000000000000050000146333201231791874345k1.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874345k2.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874345k3.jpg


kkk99000000000000000000000050000146333201231791874365k3.jpg   kkk99000000000000000000000050000146333201231791874365k2.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874365.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874364.jpg


kkk99000000000000000000000050000146333201231791874358k1.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874374k2.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874373k2.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874365k5.jpg


kkk99000000000000000000000050000146333201231791874365k4.jpg


kkk99000000000000000000000050000146333201231791874331k2.jpg 


俳優チャン・ヒョクのアウトドアブランド広告の画像が公開された。
9日、「ウェストウッド」が公開した広告画像の中のチャン・ヒョクは軽い登山姿にブルーバックパックを背負って登山をする姿に視線を集めた。ロックからなる山を登って微笑むチャン・ヒョクの広告の中のイメージで春大股ダガワトウムを知ることができる。別のグラビアの中のチャン・ヒョクは青い草がある川沿いに座ってチェックシャツに描いたジャケットを着釣りを楽しむ姿が精一杯余裕に見える。





七夕の再会 2018ファンミーティングin大阪 6/30

七夕の再会 2018ファンミーティングin大阪 6/30



わぁ~!!!




FCより~!



昨年12月にクリスマスディナーショーを開催し、
俳優然とした凛々しい姿を披露してくれたチャン・ヒョクが、
今年の6月、大阪でファンミーティングを開催!

日時:2018年6月30日(土)  
開場15:00  開演16:00
場所:堂島リバーフォーラム(大阪市福島区福島1-1-17)
料金:13,000円(税込・全席指定)
FC先行:2018年2月10日(土) 10時~2018年2月12日(月・祝) 23時59分
お申込ページ:https://www.a-ara.co.jp/event/534

FC先行のお申込は
チャン・ヒョク日本公式ファンクラブ正会員のみ、お申込みいただけます。
FC先行のお申込は、
2/9 (金)14:59までに年会費の入金が確認できた正会員の資格をお持ちの方のみ
ファンクラブ先行は事前にチケット確保・優先的にご案内いたします。
FC先行お申込時には会員番号(JH+数字6桁)の入力が必要です。
ご自身の会員番号を忘れた場合は、
チャン・ヒョク日本公式ファンクラブお問い合わせまで
お名前、生年月日、電話番号をご入力の上、ご連絡ください。
http://www.janghyuk.jp/about/contact.html

イベントに関するお問合せ先:
株式会社A・R・A
E-mail:ticket@a-ara.co.jp
お問合せは勝手ながらメールにてお願いいたします。
主催 株式会社 永晃  
http://hanryu-eikoh.com/index.php
企画 株式会社A・R・A



eikohさんより~!


チャン・ヒョク ファンミーティング 2018 ~七夕の再会~
2018年6月30日(土)開場15:00/開演16:00
場所は堂島リバーフォーラム(大阪福島区)
料金/13,000円
先行受付期間
2018年2月12日(月・祝)18時~2018年2月28日(水)23時59分
2018年3月1日(木)より一般販売開始


金の花 マネーフラワー インタビュー

金の花 マネーフラワー インタビュー
kkk99000000000000000000000050000146333201231791874356.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874354.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874353.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874352.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874349.jpg   

kkk99000000000000000000000050000146333201231791874348.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874347.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874346.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874325k1.jpg     kkk99000000000000000000000050000146333201231791874330.jpg   kkk99000000000000000000000050000146333201231791874329.jpg   
   

kkk99000000000000000000000050000146333201231791874327.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874326.jpg     kkk99000000000000000000000050000146333201231791874324_201802101826521a7.jpg     kkk99000000000000000000000050000146333201231791874323_201802101826515e3.jpg     kkk99000000000000000000000050000146333201231791874322k1_201802101826500c3.jpg     kkk99000000000000000000000050000146333201231791874321k1_20180210182650a06.jpg     


kkk99000000000000000000000050000146333201231791874320_20180210182649a6e.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874319k1k1]     kkk99000000000000000000000050000146333201231791874331.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874329k2.jpg





チャンヒョクさんのインスタより!

kkk99000000000000000000000050000146333201231791874339k1.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874343k1.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874342k1_201802101947191e5.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874341k1.jpg


kkk99000000000000000000000050000146333201231791874344k1.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874338k1.jpg  kkk99000000000000000000000050000146333201231791874340k1.jpg



MBC週末特別企画「マネーフラワー」を終えた俳優チャン・ヒョクに会った。 

「マネーフラワー」はお金を支配しているという錯覚に住むが、実はお金に食い込んた人々の話を盛り込んだドラマだ。作品はしっかりとした台本と俳優たちの熱演、流麗な演出に支えられ、「週末ドラマ-大引け」の先入観を破っに成功した。「黄金の帝国」に続く新たな名作家族政治劇、あるいは「ウェルメイド大引け」という賛辞が付きまとい、最終的には23.9%(ニールセンコリア、全国基準)の視聴率で有終の美をおさめた。 

「作品自体が週末ドラマなのに、そうでないようなジャンルだから意外に人に早く説得力のある配信されなかったようだ。監督と作家がそのような部分をよく引き出していたと俳優たちがよく符合してアンサンブルが、私はそうだ。「どん詰まり」というのが極端ということと同一視されているように見える前に知らなかったものオープンされたものが多いため、共感を持っていなかったようだ。

以前にあった出来事がドゥロナダみる大引けというよりは、そこから来て共感が形成されたようだ。作家もそのような考えをお持ちくださったようだ。フィクションだが、いくつかのポイントは、共感されている部分があった。複数も共感されるべき背景があって見たらドラマの背景がそのような部分(財閥の本当の話)に置かれたものでもある。週末の公式はあった。

私は40代前半なのに私からは、週末を見る私である。しかし、旧に 息子ではない。私たちは、年齢を想定した次の週末を作ってみると話を長くゆっくり作成する先入観がないだろうかという気が慎重にする。監督が若い感覚で作ってみると良く見てくれたようでもある。4回までテンポが早い取ることができるかという考えもあったが、それを良く受けていただくか、最後まで行くことができる。私たちも変化のもの面白かった。」 

その中心には、ガンピル州役を演じたチャン・ヒョクがあった。チャン・ヒョクはチャン富川(チャンスン条)との愛憎ブロマンスからジョンマルラン(イ・ミスク)とのセクシャル敵Chemie社、ナモ県(パク・セヨン)との曖昧な関係などケミポン演技で劇を富まし硬く作った。 

"事実最初に、なぜ週末劇のかという話をたくさん聞いた。私は知らなかったことの一つは、私が2000年の初めの週末ドラマを最後にしましたよ。その時は、ミニシリーズと週末ドラマの差がなくてそのような概念がなかった。何の関係かとしたところ、様々な条件が異なっているよ。ところで、週末でもミニもかかわらず、したい作品であった。

なぜなら、以前に「マイダス」は惜しかった。事件は良いキャラクターが事件に引かれ通ったらしく、後で年を取ってもっと表現できる範囲が広くたとき、再びみたかった。」マネーフラワー」がそのような部分を満たしていた。また、週末を他のジャンルで作った場合、俳優が挑戦することができる新しい分野であるため、参加することになった。」 

マネーフラワー」はスピード感のある展開とは異なり、人物の感情線を非常に丁寧に描き出して関心を集めた。この過程で、チャン・ヒョクの演技変身が通じたという好評も出た。「人の心理を集めて行って見たらバストだけ付けても話になったよ。すでに心理をフォローしたので、キャラクターがどのような考えを持っているかどうかを疑問に思うしてみると、時間に関係なく、彼らの心理的な変化が、より重要ではないかと思う。演技トーンを変えたというよりは人物を追っていくみるとそう表現されたようだ。余裕あり初演したようなキャラクターだと思った。

「ビューティフル・マインド」や「普通の人」のようなものをしたときはそのような話(「チュノ」との比較)を聞いてなかった。ただし、その作品がそう話題にドゥェジンなかった。人々にどのようポイントを持って表現が溶融かの違いであるようだ。いくつかのキャラクターを引き受けるかによって解釈が変わるしかない。キャラクターに基づいて煙が変わるのに、あえて意識して別の方法で行かなければならないというのは分からない。俳優としては仕方ない道ではないかと思う。情緒 的なものもあるようだ。同じ作品でも、時間の流れに沿って受け入れることが変わるしかない。それはそのような自然さの流れで変わっていなかったようだ。」 

「私は最初、ドラマの台本を3つを持って撮影した。その後ろには全く知らずに撮影に行きました。話がどのようになるのか、結末がどうなるか全くわからない状態で撮影した。俳優も知らないよ、本当に知っているかのように行動することができますから、それをオープンをしない志木市よ。結末をハッピーエンドなのかサッドエンディングかを悩んしたとき、監督が死ぬ人のために演出したくはなかった言ったよ。作家が結んたい結末だった覚えはない。

個人的には自分の名前を探していく過程であるのに、本当にハッピーエンドに行くのかと思った。ガンピル与える道徳的な観念を持って企業を作るというのがなく、競争をするということだ。合理的な競争を通じて企業経済人になっていくということだ。死んでいないとハッピーエンドとすることができるのかの疑問はある。夜景を見て月の後ろに来たことが そうだ。欲望が止まっ支持ないみる戻ってくることができないかという妙な感じで解釈した。」

事実、多くの人々がガンピル州とナモ県ハッピーエンドを迎えるだろうと予測していた。しかし、現実には、誰とでもつながるないまま終わった。「そんな距離感であるようだ近づい行きたい落ちるしかない距離がイミダゾ。複数も罪悪感もドロップするだけで女性と恋し買うことができると思う、その円ガンピル株価あまりにも多くのことを持って行っているみると継続中間を行っていたこと同じ。つながらも、落としてもいないメロが続い続くだろう。元の撮影時、お互いを見た。しかし、編集では、アンボンことでされていたよ。二人見た場合、新たなスタートであるのに、それじゃない妙な余韻を与えたかったようだ。

チャン・ヒョクは1997年SBS「モデル」でデビュー、「学校」「明朗少女成功記」「ありがとうございます」「チュノ」「根深い木」など数々のヒット作を作った張本人である。その頂上の位置から20年以上の時間を生きて出すのが容易ではないことである。さらにチャン・ヒョクはほとんど容易なく作品を選択する俳優のいずれかという点で、より大きな意味を持つ。 

「一番大きな転換点は、軍隊であった。軍除隊し結婚して子供ができてそれと共に、30代になった。40代され、その後の他のポイントが来た。続いて、少しずつ変わっていなかったようだ。私は休んで作品を選定し、準備して、以前のキャラクターを流す時間が他の人よりちょっと速いようだ。私のリズム感は、今の年齢にもっと多くの作品をしてインフラストラクチャをたくさん持っている必要はないかと思う。様々なジャンルとキャラクターをしてスペクトルを広げおかなければなら今より年齢が聞いたとき行うことができ余地が多くないかという考えに現場をたくさん見つけることだ。

今年のボクシングをすることになったが、完全に多くの選手がトレーニングも上手だったので、恐ろしいことがそれほど多く露出されるのだ。新しい部分を見つけるという負担もあるが、俳優として解決すする宿題でもある。そのように割れて表示もして見 してさらに祈り、よう一歩一歩出そうしないと続け停滞しているようだ。そのより浴聞きながらも進むことがよいと考えている。」 


チャン・ヒョクはMBC「本当の男」などの芸能番組を通じて視聴者と会うこともした。意外なホ当たりな姿に視聴者はチャン・ヒョクの新しい姿を満たすことができた。「芸能はヨクヨソいくのだ。ほとんど見ればチャ・テヒョン、キム・ジョングクホンギョンイン数型がある。そのようにしていく場合か、自発的にいくことはない。むしろ、それで良かったよ。親しい人といれば誰でもホ当たり機ている。常に親しい人が一つずつあるので実質私を示すことができる。

人は二面性がある。それは俳優に役立つディということだ。ウィットも真剣さがようということは助けになる。そのために出演するわけではない。親しい人がいない場合素敵なふりをしなければならて難しい。しかし、長い見た人には楽な自分だけの姿を見せることができる。」芸能プログラムに出てくるたびに、広く知られることの一つが、チャン・ヒョクのTJ時代である。2000年「TJプロジェクト」という名前で歌手活動をしていたこと。この時代を置いて、人々は黒歴史と呼ぶこともして興味を見せたりした。 

"TJが黒歴史とは思わない。90年代後半から2000年代初頭には、俳優たちがミュージックビデオを撮るのは演技的な面で入らなければならいた。歌手のミュージックビデオを撮って画像メイキングをした。ハントンを持っている演技者がミュージックビデオを通じて多様性を持つことができる時期であった。当時アウトサイダー的な役をたくさんして、他の姿をお見せしたかった。だから、プロジェクトアルバムをすることにしたのだ。

8つのミュージックビデオを撮影した。彼を通して俳優として行ってみようとするのが主な目的であった。歌をそうよくしていないからラップをしている。もともとは放送をするつもりがなかった出演をしなければミュージックビデオを作っことができなかった。そのため、一ヶ月半活動してTJの舞台はなかった。歌手するつもりは1 %もなかった。画像メーキングを作るためにした。この話を十年目している。

次に、チャン・ヒョクの黒歴史は何か。スランプはなかったのか。「黒歴史を考えてみたことができる。非常に肯定的だと大変でも大変だと思いしない。これまで感じたことの一つは、撮影する家に行きたいという思いがかかる理由は、百を超える。そこで堪えるする1つの理由を見つけることが重要である。それ終わる瞬間もよい。そのようなことを好き現場に多くしていくようだ。大変迷惑は一日が悪くはない。そして、ポテンショこの消灯も良いです。それがなければこちらの仕事を簡単にできないようだ。

イ・ミスク先輩やソンオジェドク先輩イ・スンジェ先輩を見て感じた熱がそのようなようだ。そんな先輩たちに会えば、より熱くなる。実際に毎分スランプだ。とにかく解かなければならない。瞬間の苦しさとイライラが緻密とオジュンチュンことものにこの自体が持っているアクティブさがある。ここで来る楽しみがあるようだ。大きな発展をウォンハジンない 少しずつ良くなってたい。」

チャン・ヒョクは自己管理が徹底した俳優としても有名である。休み時間で運動をして、自分自身を練る。代表的な「模範生」ということもできる。「恐怖が多くそうだ。パッ入れてしまうとされ、常に何かを準備しなければならない。代わりに作品外的時間は、家族たちとたくさん送信する。子供が三人だから選択肢ではなく、当然しなければなられることである。

俳優として必要がある瞬間には、妻がよく配慮してくれる。私は公開されている職業を持って慣れた。子どもたちは、そのような仕事を持っていくかどうかわからないから、その選択肢を残しておくことだ。顔が公開されると、長所と短所がある。それは子供の分け前として残しておかなければならないようだ。本人この芸能人をしたいと拒絶はしない。ただ、

積極的に勧めたりはしない。私は見たことが容易に仕事ではないようだ。そのような人も大丈夫な人も多かった。子供が考えを持って、自分が行きたいの長さを正確に立っていない場合勧誘することができないようだ。自分が持っていきたいのが熱くなければ容易ではない 道である。」


20年以上の間数々のヒット作を生み出したチャン・ヒョクある。彼の人生の小さな何か。「うまくいった作品でヒットした場合「チュノ」「明朗少女成功記」などいくつかある。それが人生作とするのは難しいようだ。DVDコレクションを好む。その時期の私の姿と思いが込められている。した作品ずつ行うたびに漠然としたことはない。本当に熱心にして最善を尽くした。すべての作品は、すべて良いです。

特に好きなのは「強盗」である。ドラマ成績が良かったが、5%を超えていない最初の作品である。視聴率を放棄し、私たち同士のお気に入りみようしてみると、途方もなく演技がうまくなったよ。何かを入れてしまうからきっかけになったようだ。「ありがとうございます」は、軍除隊後初めての作品だったような作品もできるんだと思った。そう意味のある作品はある。 " 

まだチャン・ヒョクは熱い。常に新しいものを見つけ挑戦しようとして定型化されたもので脱皮するために苦悩する。「作品プロデュースをしてみたい。作品を開発して出演することができる条件を作るならいいかと思う。外国にもそのようなことが多く、マ・ドンソク型もそうしていないか。面白そう思う一度努力してみたい。

チャン・ヒョクが主演を引き受けたOCN」ボイス」は、最近、シーズン2の制作を確定した。「マネーフラワー」を終えた後、「ボイス2」に参加する考えはないだろうか。しかし、チャン・ヒョクは「それは聞いた話はない」と線を引いた。ただし作品の相変わらず愛情は露出した。

「「ボイス」は本当に面白かった。刑事の役割なのにミランダ原則を話すときであった。予防をしなければなら救助であり、被害者の家族だから死後にミランダ原則を話しているのが容易に落ちなかった。無ジンヒョクの感情のアクティブが多くの事件のスリラーがあった。「ボイス」は、そのようなものが個人的に面白かったようだ。」

シーズン制ドラマについてもチャン・ヒョクは肯定的である。"事実'チュノ'をしたときに2番目の話をしようという提案を受けたことがある。両班でチュノクンになる失われた10年であった。また出てきた感じの別の話をしてみると恐怖出この人物は、そのように残してたいて終わった。これからは時空間のように自由になったので、かシーズン制はぎこちないはしていないようだ。」

次に、「マネーフラワー」もシーズン2が出てくるのか。「「マネーフラワー」シーズン2は分からない。作家様はそのような考えは、お持ちでないようだ。」





MBC週末特別企画「マネーフラワー」を通じて2017年11月から約4ヶ月ほど、視聴者の応援を受けてきた「ガンピル主」(チャン・ヒョク)を江南某所のカフェで会った。
「品格のあるドラマ」という好評を受けて、3日に終了した「マネーフラワー」はイ・スンジェ、イ・ミスク、チャン・ヒョク、パク・セヨン、チャンスンジョーなどのそうそうたる俳優たちが毎回予想を上回る演技と反転ストーリーの中に23.9%が視聴率で放映終了した。チャン・ヒョクは「マネーフラワー」でグループが法務チーム弁護士として財閥一家のグリーン後始末をしてくれる充実の関心、復讐のために身分を隠して充実の役割をした本物の財閥の孫「ガンピル週」を演じた。

チャン・ヒョクは序盤にはガンピル株価愛していた女性を復讐のために敵の息子と結婚しさせる強い男で、中盤以降は敵であるジョンマルランとの微妙な感情ラインを示すセクシーな男で、後半に行くほど、自分と複数の対象の関係について苦悩し、現実的な解決策を探していくヌェセク他人の姿を見せた作品の中で多彩な魅力を披露し熱い愛を受けた。そうだったチャン・ヒョクに「マネーフラワー」の品格がどこから始まったのかを聞いてみた。

Q.あまりに魅力的な作品だった。週末ドラマで、このようなクオリティを見ることができて、視聴者としては良かったが作品を選択する状況でも、このような結果が予測されたか?

A.私はこの作品をするので、みんなの周りでの最初の話が"なぜ週末ドラマをするのか?」だった。ファンも週末ドラマをするという選択について失望も表現した。週末ドラマは一回当たりの制作費がミニシリーズとの違いがたくさんいるため、スケールが違うと相対的に秒本当らしい意見だったよ。しかし、私は外的なスケールより人物たちの心理的なもの表現することの魅力を感じました。

出演作「マイダス」で事件に誘われて行ったことに対する物足りなさがあって、今回の作品では、私は事件を主導するキャラクターをしてみたかった。週末ドラマであってもよくない面れるではないかと思った、結果的に良い仕上がりをすることになった。「ガンピル主」という役割も魅力的であった作家の筆力が良かった。また、演出される監督とも縁があったし、イ・ミスク先輩、イ・スンジェ先生などその方が先にキャスティングされたという事実にも力になった。だから快く選択した。

Q.先ほど言われたイ・スンジェ、イ・ミスク先生たちの演技が「マネーフラワー」というドラマをより一層高級で緊張感ようにしてくれたようだ。 

A.すごいされた方である。実際あの情熱を持っている必要40年には、60年後にも生き残れるできるねと思った。その方たちもそうそうたる同期たち、同僚たちの間で独歩で、今まで演技をしておられるのに、そのための情熱と感じが真の尊敬だった。他の先生たちもそのことについては、多くのことを勉強することにした作品だった。

Q.個人的にジョンマルランとガンピル週間の絶対的な信頼、複数のほか微妙に行き来する不思議な雰囲気がとても印象的だった。二人の間に何かあるだろうが想像にするようなケミはどのように出てくるされたのか?

A.偶然私の台本を読んだ解釈とイ・ミスク先輩の解釈が一致した。単に複数対象にのみ見てみるとぎこちないものだった。両者の間には17年以上の時間差があり、その時間の間に、複数の経験と関係があったのだ。ピルジュの視線でジョンマルランを見たとき、複数の対象という1色のみで見えなかったようだった。ところが、イ・ミスク先輩も一緒に考えをされたよ。両者の間の関係にプラスアルファを持ってみようたし、色々と話した部分がドラマの中で溶かしてたのようだ。

熱かった人同士多くのことをしていたようだ。イ・スンジェ先生もそうイ・ミスク先輩もそう。私たちは、演技的に多くのことを準備して、現場で手札を取り出す先生は歳月の年輪から出る敗を取り出し数を2よ。準備したものをあれこれ様々な引き出しも先生たちも、より多様に受けてくださっは、どのようあのできるのかと思った。40年には、60年前の底力があんなんだと思った。そんなものがたくさん調和出た作品であった。

Q.単に見るとガンピル主に、残りの人々は、複数の対象であっただけなのに、複雑微妙な関係の感情がよく表現されたドラマだった。 

A.「複数の多した後?その次は?」が気になった。だから、簡単に複数のできなかったではないか?複数の縛られているガンピル州だったが、長年一緒に住んで生じた愛憎もあっただろう。章富川は章は限らの息子なのに、複数するだろう申し訳たものであり、ナモ県は愛だったが利用したので、罪な心もあっただろう。このような人物のそれぞれの関係にまつわる感情は女性演出だったのでよくあらわれることができたようだ。

男演出だったら関係より事件、ソリューションの詳細については集中したようだ。演出したキム・ヒウォン監督はそのような観点があった。繊細でセンスよく劇の中心を保持するが与えた。俳優たちは素直によく曲がっとる監督だ。それほど宿題もたくさんして来ら。そうしたら会話がよくなって、お互いに認め作品を導いて行くことができるのだ。監督と俳優たちがお互いに共感できる時間を作品が終わるまで、毎週、週に一度、朝8時台本リーディングを介して行った。それだけ監督が努力をして意志を示したので、誰もが心からついて行くことができた。

Q.劇中の弁護士になじみのない言葉も多かっただろう代謝量も多く見えた。大変ではなかったか?

A.ガンピル与える企業型弁護士だ見る法律用語よりも経済用語が多く、「マイダス」と、一度勉強したことがあり、普段の社説やニュースをたくさん見る方なので用語が不慣れではありませんでした。ところがセリフを自然にするには、百回以上は言葉取り出し見に、現実的にそれだけの時間が与えられてなくて仕方なく詰まった部分が生じたよ。そうしないしようと努めた。

Q.以前のいくつかの作品では、さまざまな表情の演技がポイントになって、いくつかの作品では、アクションがポイントになって。今回の作品では、「ポーカーフェイス」の演技を披露した。作品ごとに演技変身をすることの負担はないか?

A.演技変身に負担はない。ただ、その人物に合わせて演技するものだけである。演じる人自体がチャン・ヒョクだと見ると言うトーンや声が変わりは不可能である。代わりにどのような状況なのか、どんなキャラクターかによって表現するには違いがある。そんな違いを作品別キャラクターに合わせて表現するだけである。今回のガンピル与える臆病な人物だった。だからポーカーフェイス煙が出てくるしかなかった。恐れマサチューセッツに用心深いしかなかった切除すべき人物だからだ。だから愛する人にも率直できなかった人物でもある。

Q.実際チャン・ヒョクはどんな人物なのか?率直なほうなのか?

A.正直より忠実に生きようと努力する。充実より誠実という言葉がより適していたい。私が選んだものまじめに取り組もうととする。イ・スンジェ、イ・ミスク先生がいつも言われることが「演技は3姿勢が7」である。姿勢を7に維持しなければずっと仕事をすることができるという話を確認と接するよ。姿勢が装備されていなければ演技3をせいぜい不足が多数である。今まで演技して感じたのは私誠実なければ、より長い年月延期することができないかと思う。これまで着実にしてきたようだ。

Q. 20年ほど演技活動をしながら、着実に誠実することができる原動力は何ですか?

A.まだ胸の中に熱いものがある。96年SBS「モデル」というドラマの台本リーディングをしに行くときの夜明けの空気がまだ忘れられない。この心情は来年も、その後年にもそうようだ。今、現場に行けばどう演じるかという緊張感と演技やり遂げた後の快適さは、この二つの感情が常に存在する。このようなことがまだ鮮やかので可能なんじゃないかと思う。その一方で、一方では、毎分恐ろしい。毎回どのように上手にできるだろうか?時間が経って演技をすればするほど難しい。少しの努力すべきで新たに見てくれず、ほど多く努力するからである。フリーランスとして継続してキャスティングれるということ自体が、私イ・ミスク、イ・スンジェ先生がすごいのだ。

Q.今後の活動計画はどのようにドゥェシナ?

A.長い空白なしに作品に戻ってくることが推測のにまだ決定されてはいなかった。近いうちに「団結浮かぶ」は芸能プログラムに参加する。長い間撮影会場にいて見たら旅行が見たくて選択した。「ムントゥン「行く前に家族と、まず旅行を行ってくるだろう。芸能プログラムは、通常、親しい友人が呼んで楽な心で参加した。キム・ジョングク、チャ・テヒョン、キム・スロなどがあり、「ファミリーが現れた」「辰クラブ」「本当の男」のようなプログラムに出かけたが、「ムントゥン」はチョン・ヒョンドン、キム・ヨンマンと以前'日夜-恵みの雨」の時の縁で一緒になった。よく行ってくる。 



21年目学ばが、チャン・ヒョクの家族はほとんど公開されたことがない。三人の子供の父親であり、愛妻家で知ら彼は一度も放送で子供と妻を公開しなかった。彼は家族芸能や育児芸能などについてはまだ考えがないと打ち明けた。 

「私は公開されている職業を持っている、それに慣れてますが、子供たちはどのような仕事をするのか分からないでしょう。だから、選択肢を残しておいてほしい。人ごとに異なるようです。顔が公開なるのは良いこともありますが、そうでないこともあるんですよ。第アイとオープンさせたくはありません。教えてれるのでしょうではないかすることは、子供たちが自分で選択しなければならないと思います。」 

 

世間知らずのブロマンス 1~7 FULL動画

世間知らずのブロマンス 1~7 FULL動画



うれしいですね~!
12/17にアップされていたのですね!



動画  動画  動画  動画  動画  動画  動画




Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼