チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

KSTAR ワンショットOTT放送 5/12

KSTAR ワンショットOTT放送 5/12



夜11時から11時45分まで放送です!
見れました~!



kkk990000000000000000000000500001463331971k1.jpg kkk990000000000000000000000500001463331972k1.jpg kkk990000000000000000000000500001463331973.jpg 

kkk990000000000000000000000500001463331969.jpg 

関連記事 ←ポチ!


「ワンショットOTT」チャン・ヒョク "リーズ時代?毎日が全盛期"

最近「K STAR」ワンショットOTT」は、第18回全州国際映画祭の現場で「情熱俳優」チャン・ヒョクを直接会った。この日チャン・ヒョクは「リーズ時代はいつだと思いますか」という記者の質問に「毎日が全盛期」と答えた。続いて「普段肯定的に考えてみたくさん努力する」とし「現在の仕事の活動中で、やりたい演技をしているので、今はリーズ時代だと思う」と語った。

1997年のドラマ「モデル」でデビューしたチャン・ヒョクは、今年で演技経歴20年目俳優だ。デビュー以来、今までテレビ劇場とスクリーンを行き来しながら活発に活動している。チャン・ヒョクは「前作が多ければ多いほど、俳優の経験が増えてきて、様々なキャラクターを引き受けるほどの演技の幅も広がる」とし「撮影現場で監督とスタッフ、俳優たちを会って多くのことを感じ学ぶことができますので、現場に多くていこうとする」と明らかにした。

また、チャン・ヒョクは「これまで出演したすべての作品が記憶に残る"ながらも、その中でも最も記憶に残る作品で、2007年に放映されたドラマ「ありがとうございます」と、2008年のドラマ「不汗党」、2010年のドラマ「チュノ」を挙げた。特に「ありがとうございます」は、チャン・ヒョクの軍隊の後復帰作だったので、より記憶に残りときめく作品と呼ばれる。

一方、チャン・ヒョクは安定した動きと自己管理でデビューした後、今まで変わらない外観を維持している。チャン・ヒョクは外見を維持の秘訣について「良いメイクアップアーティストに会った」と巧みに答えインタビュー現場の雰囲気を盛り上げた。続いて「普段運動を熱心にする方」と「運動は自分自身との約束だと思って着実にしている」と付け加えた。

チャン・ヒョクはチェ・ジェフン監督の新しい映画「剣客」出演を確定し、準備に真っ最中だ。「剣客」は明が衰退して青に勢力交換がされている混乱情勢の中、清に対抗剣客テユルとその娘の話を描く作品。チャン・ヒョクは伝説の盲人剣客テユルを引き受けた。これに対してチャン・ヒョクは「剣術と乗馬などを学び、アクション訓練中」とし「次回作も期待してくれ」と頼んだ。

最後にチャン・ヒョクは「演技人生がまだ進行形であるため、ファンの頭の中にいくつかの俳優として残らなければだろうというより情熱いっぱいの俳優で記憶たら光栄に思うようだ」と今後も継続して「情熱俳優」としての姿を見せてくれることを約束した。一方、チャン・ヒョクの詳細インタビューは12日午後11時K STAR」ワンショットOTT」で確認することができる。supremez@sportschosun.com 




スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼