チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

ロマンチックコメディが見たいと思う

ロマンチックコメディが見たいと思う



kkk9900000000000000000000005000014633218.jpg 



チャン・ヒョクのロマンチックコメディが見たいと思う

[OSEN =イソ塀記者]
俳優チャン・ヒョクはロマンチックでコミックである。あまりにもアクションで強烈なキャラクターを務め、「アクション職人」という修飾語を得たが、彼には多くのがある。 
1997年SBSドラマ「モデル」でデビューしたチャン・ヒョクはすでに演技を始めた地図20年になったベテラン俳優だ。まだ多くの名シーンとOSTが広く知られている「チュノ」(2010)は彼の人生作。追いつ追われつ追撃シーンの代表的なドラマに数えられるだけでなく、このドラマを通じてチャン・ヒョクのアクション本能が正しく花を咲かせたと言えるだろう。
「根深い木」(2011)、「アイリス2」(2013)、「輝いたり与えたり」(2015)、「商売の神」(2016)、「ボイス」(2017)までの「チュノ」をつなぐアクション作たち。特有の増やし言うような言い方は今彼のアイデンティティになった。もちろん国内チャン・ヒョクだけアクションシーン消化することができる学習数ない自他が公認しているが、チャン・ヒョクをアクションスターという枠組みだけ投獄に足りない。
一例として、昨年放送されて「205」という愛称を得た「ビューティフルマインド」で感情が欠けていた医師イヨウンオはアクションがなくても、彼の恐ろしい演技力を十分に感じることができる作品。 
これに先立ち、「運命のように君を愛してる」(2014)は、さらに昔の記憶を呼び起こす。2002年に放送されたSBSドラマ「明朗少女成功記」で呼吸を合わせたチャン・ナラと再び出会ったこと。なんと12年ぶりの再会が大きな歓声を受けたのは、ロマンチックでコミカルなチャン・ヒョクを再会うという点だ。
二人が初めて出会った「明朗少女成功記」は、愛に若々しい明朗少女(チャン・ナラ)と無愛想も思いやりあふれる男主人公(チャン・ヒョク)のケミストリーに40%を超える大ヒット視聴率を記録している。
今は日本語の「ツンデレ」という新造語で前は無愛想で裏ではひそかに用意するキャラクターを説明しているが、チャン・ヒョクは彼の援助の一人で女心を盗んてきた。主にアクションシーンが浮き彫りにされたり、重い作品に出演しているチャン・ヒョクが、幸いなことに(?)本人自らもロマンチックコメディの強い愛情を表わしたという点がファンを安堵させる。 
映画「普通の人」(監督金鳳漢)の封切りを控えて会ったチャン・ヒョクはロマンチックコメディジャンルに「俳優たちの合計がよく合って落ちるジャンル」と表現し、現場が愉快ておもしろく好きだと伝えた。今年「ボイス」と「普通の人」でスクリーンとブラウン管を行き来し、視聴者と観客に会ったチャン・ヒョク。近いうちに、彼のロマンチックでコミカルな姿を期待してみてもいいだろうか。/ besodam@osen.co.kr 


スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼