チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

普通の人 インタビュー チャン・ヒョク②


普通の人 インタビュー チャン・ヒョク②




20170111010010504000695685913607174583471430376500001387.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001378.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001380.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001379.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001373.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001372k1.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001447k108.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001383.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001374.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001370.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001368.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430376500001367.jpg

2017011101001050400069568591360717458347143037650000135lk 1



チャン・ヒョク "どんなブロックバスターも今の現実勝つことができない"

1997年SBSドラマ「モデル」でデビューしたチャン・ヒョク。彼は1999年にKBS2ドラマ「学校」に出演して一気に「青春スター」に生まれ変わった。その年のMBC「太陽の中に'でドラマ活動を継続した後に、2002年SBS「明朗少女成功記」・「待望」、2007年、MBCドラマ「ありがとうございます」、2010年KBS2「推奴」、2011年SBS「マイダス」・SBS 「根深い木」、2013年KBS2「アイリス2」、2014年MBC「運命のように君を愛している」、2015年KBS2「商売の神-客主2015」、2016年KBS2「ビューティフルマインド」などメロはもちろん、アクション、犯罪、時代劇、ドラマ、ファンタジー、コメディなどジャンル問わず、キャラクター問わ毎作品の変化に富んだ変身で観客を魅了した。

何よりも、2000年には、ラッパーTJ Projectで活動して話題を集めた2013年にはMBC「日夜-本当の男」に出演して隠された芸能感賞男」のイメージを誇示して第2の全盛期を迎えた。

最近では、OCNドラマ「ボイス」で112申告センターゴールデンタイム長無ジンヒョクで視聴者の愛を一身に受けた。それこそ「信じ見る俳優」として大衆に刻印されたチャン・ヒョク。

彼の映画界の歩みまた多様で派手だった。1998年に公開された映画「ちゃん」(ヤン・ユンホ監督)をはじめと「火山高」(01、キム・テギュン監督)「ジャングルジュース」(02、ジョミンホ監督)「英語完全征服」(03、キム・ソンス監督)「私のガールフレンドを紹介します」(04、クァク・ジェヨン監督)「Sダイアリー」(04、グォンジョングァン監督)「依頼人」(11、手硬性監督)「風邪」(13、キム・ソンス監督)「可視」(14、キム・テギュン監督)「純粋の時代」(15、アン・サンフン監督)と公開を控えた「普通の人」まで変身を試みた。

特に、今回の「普通の人」でチャン・ヒョクは骨まで冷血な安全企画部実勢に登場して観客に恐ろしい反転魅力をプレゼントする予定。現実の中ギムギチュン前青瓦台秘書室長を連想させる作るシンクロ率で視線をひきつける。チャン・ヒョクはギムギチュン前青瓦台秘書室長を連想させるという評価に対して「事実その話を聞いてとても当惑した」と笑った。

彼は「一度他の部分は、何ともいえませんが、「今のニュースを私たちの映画が勝つだろうか?」80年代にも70年代にも事件は毎回あった。我々は、大規模な事件を経験してきたそのような事件を本に学んだ。私のような場合にも、その物質は今の事件は、大韓民国の国民として一人として、ニュースを見ながら、呆気に取られた状態ます。似ているという点を、映画のマーケティングに広報したいとは思わない。一人の俳優としてのキャラクターを表現しただけだ」と答えた。

続いてチャン・ヒョクは「私はむしろそっち(現実の中の事件)より、キャラクター自体に感情がないシステムだと思っていた。むしろ何かを示す式の人物があれば色が入るように注意した。金鳳漢監督も最初からきれいな壁を望んでいたようだ。アンタゴニストゥがそうではないか。私が演技した人物は、サイクスを追求した人物ではない。信念を持った人物ではないか。一つの改革のような感じである。いくつかの誰かを念頭て演じたのではない」と説明した。



チャン・ヒョク "感情のない悪役演技興味深かった"

"映画「普通の人」で、私は引き受けた規定の残りの感情がないキャラクターとすることができますよ。時代が生み出した一つのシステムであるのです。このようなキャラクターはむしろない示すことが良いと思いました。だから乾燥してスラグ口調でなければならないばかりとんとん投げるような演技をしました。 "

彼は21日三清洞あるカフェでのインタビューで、「二つのキャラクターがとても違う」とし「このように、他の色のキャラクターをほぼ同じ時期に見せることができるということ、このような作品を介して私の様々な色を見せることができるということは、俳優として本当に良い」と話した。

「規定の残りの感情がないキャラクターとその時代が生み出した一つのシステムです。だから、乾燥してスラグ口調でなければならないばかりとんとん投げるような演技をしました。実際に映画の中で、この人物が動くのはありません。常にベールの中にあって、状況をむいてみると、その中心には、人物がいたのです。そのようなキャラクターはむしろない示すことが良いと思いました。 "
「ギュナム」は、俳優ソン・ヒョンジュが引き受けた主人公「ソンジン」と対立する人物として登場する。チャン・ヒョクはいつもホヒョンホジェし親しく過ごしたソン・ヒョンジュと一緒に映画を撮ることができるという理由だけで、映画の出演を決めたという。

"ソン・ヒョンジュさんとはドラマ「いかさま師」で会った、そこには作品や演技の話をする余裕がありませんでしたんですよ。だから、映画の中で会えばいいと思って来ました。映画の中でアンタゴニストゥ(主人公と対立する人物)をやってみたいという思いもありました。以前には全くみなかった役割なので、このようなキャラクターを作っていくことも興味深いと考えました。」

彼は「映画が作られた後、観客に映画を見ると「ギュナム」が本当に悪い奴という気がした」とし「配役は憎んでも、私は嫌いではいけない」と述べた。彼は「普通に生きるということ、日常を守るのが容易ではないようだ」とし、特に「誰かにキャスティングされるべきで、その中での変化をつくっていく俳優としての日常はないようだ」と述べた。



チャン・ヒョク "英語SNS、勉強も兼ねて使うが、長い文章はアンスンダ"笑い!

俳優チャン・ヒョクが英語でSNSに文を上げる理由を伝えた。勉強もして、海外のファンと疎通もするためにだそうだ。ところが、長い文章はない書く話し、大きな笑いを与えた。チャン・ヒョクはSNSをなぜ英語で使うのかは、軽い質問に「最初は英語の勉強も兼ねていた。また、海外のファンたちと疎通もしなければして、英語でになった」と語った。

続いて彼は「私の英語をよく見ると、ただ単語と単語の関係である。長い文章はアンスンダ」と「それでも着実に使えば実力が思う"と言って大きな笑いを与えた。チャン・ヒョクはSNSを介して接するコメントなどは見るかという質問に、「心的な動揺になってよく見ない」とし「まだ私行こうとする方向のコミュニケーションをアナログ的にすることを好む。そして、それが合うようだ」と真剣に答えた。



ボクシング中毒チャン・ヒョク "イ・シヨンの選手生活すごい... 高評価 "

チャン・ヒョクがボクシング仲間イ・シヨンについて言及した。「プロ選手としてデビューまでしたイ・シヨンを見ると、ナムダルたい」という質問にチャン・ヒョクは「事実の動きを共にした。今、ジム館長がコーチ時代にイ・シヨンさんの選手で作った。今は独立して、ジムをセットおられ管長である」とと述べた。

チャン・ヒョクは「イ・シヨン氏の挑戦と活動は、とても高く評価する。運動することを横から見て見たから、もう私もしているのだから、それがいかに難しいかを知っている」とし「常に訓練し、トレーニングを受けなければなら結局は自分自身との戦いある。最近も毎日ジムに行って、選手たちのエネルギーを受けながら、私自身について反省する」と付け加えた。



チャン・ヒョク "キム・レウォンとスクリーンで対決、互いにウィンウィンしよう」

俳優チャン・ヒョク(41)がキム・レウォンと、昨年月火ドラマ同時間帯の対決に続き、スクリーンから観客追求対決を控えた所感を明らかにした。

チャン・ヒョクは昨年6月KBS 2TV月火ドラマ「ビューティフルマインド」、キム・レウォンはSBSドラマ「ドクターズ」と同時間帯視聴率対決を繰り広げた。当時「ドクターズ」が興行し、二人は来る23日スクリーンで再び興行を置いて対決を繰り広げることになった。チャン・ヒョクは「二つの映画のジャンルが一度間違っている。私はその(「プリズン」)ジャンルは、それに観客がたくさん見ていただきたい良いし、私たちの作品(「普通の人」)は、当社のジャンルに観客が来て、見ていただきたい」と述べた。

続いて「誰が勝っているのではなく、お互いにうまくいったら良いだろう。ウィンウィンしてほしい」と付け加え彼は「映画の観客が多くなると、俳優たちは、さまざまなジャンルの映画にもたくさん出できるようになる」とし「一つ残念なのが、かつては映画館に行けば映画が長く上映された。しかし、今はそうではない。時期を逃す見られないようになる。だから、映画はいくつかの時間がかかりあればと願っている」と打ち明けた。

チャン・ヒョクは「俳優たちは、(芸能界で)同じ釜の飯を食べる人々である。興行を置いて勝ち負けではない。私が出演した映画のジャンルがうまくいけば、他の俳優が同じジャンルの新しい作品に出演することができるものであり、私も反対の経口になることができるだろう」と明らかにした。一方、チャン・ヒョクが出演した「普通の人」は、通常の生活を生きていた殺人刑事カン・ソンジン(ソン・ヒョンジュ分)この国が注目する連続殺人事件に巻き込まれ、人生根こそぎ揺れている話を入れた。た。



「普通の人」チャン・ヒョクはギャグ - 顔匠」の秘訣はありません "

現在、チャン・ヒョクは韓国年齢で四十二。彼のセンスあふれる話術に現場は笑いの海になった。これチャン・ヒョクは「アジェギャグに欲があるのではなく、私のギャグを上手。本当の真剣である。共感してくれるならない」と述べた。

彼は「ロマンチックコメディー演技だけで出てくるのではない。私は芸能に出て行けばよくないか。このような「食」があるので、できるだろう」と強調した。ルックス賞賛にも「秘訣はない。このように生まれている。これは本気だ」と冗談を言った。

彼は、「人の顔は変わる。しかし、顔の線は、その人が生きてきた人生に影響を受けるようだ。なかなかすれば肯定的に考えながら、現場で良い人に会おうとする。そのおかげではないかと思う」と控えめな発言で仕上げました。




「ボイス」チャン・ヒョク "
アクション20年目、もうスタントマンにもならない呼んでくれ」


チャン・ヒョクが、本人を「アクション職人」と表現した。チャン・ヒョクは「ボイス」で刑事役を演じ、生来の促進と動物的な感覚、冷静な判断力で犯人を検挙すると節制されたアクションと強烈な目つき演技で愛された。チャン・ヒョクは負傷してもしっかりとアクションを消化したことを知っている質問に"ではない。「ケガのだから、20分待ちなさい」と話しながら撮影した。そのようなこと隠さない」と冗談を言って取材陣を爆笑させた。

続いて「アクションが好きなことよりも、上手」と「上手な掛けないと嘘することはできないだろないか?検証もされたし、私の本人の考えでもある」と話し始めた。プロ選手に劣らないボクシングスキルを保有しているチャン・ヒョク。彼は"アクションを専門的に学んだ20年がされた。

ジークンドーも長くして、ボクシングも長くしてみるとアクションを専門的にになった」とし「アクションジャンルが好きですが、アクション俳優になりたいとは思わない。タップダンスをチュドゥン、あるいは別の何かをするかどうか、それは私の武器になる。ジャンルを広げるためのもので、アクションプロの俳優になろうとわけではない」と説明した。彼は「製作陣が今の帯域を当然ない呼んでもされていることを知っていない呼ぶ」と「前のアクション職人である」と付け加えて笑いをかもし出した。



「普通の人」チャン・ヒョク
 "私は、元の面白いうえに持って生まれたイケメン...本気である"


チャン・ヒョクはインタビューを通して、自分のための巨大な自信を表明して記者たちを爆笑させた。アクション、ギャグセンス、イケメン美貌に顔色一つない変わりセルフ自慢した。"アクションが好きなのではなく上手だろう」、「浦項製鉄で鉄筋も噛んで食べる年齢"、 "アジェギャグではなく、元の面白いこと"、 "花美男秘訣ではなく、持って生まれたもの」と真剣なとぼけをいかなるもの。

チャン・ヒョクは「アジェギャグではなく、元の面白い。芸能に出てもよくないか。ただよくするのではなく、元の食がある。編集の力ではない。変わらない美男容貌も秘訣ではなく、乗ってたらされる。実際に本気である "と冗談を言った。

続いてチャン・ヒョクは「以前は口数もなく、インタビューもよくなかった。どのように言わなければなら地図なかった。言って用心深い。最近はPRの時代ではないか」と愉快な話術秘訣を明らかにした。



チャン・ヒョク
"キム・ジェウク、俳優... 情熱的な姿きれいに見えた


俳優チャン・ヒョクがキム・ジェウクについて言及した。チャン・ヒョクは最近放映終了したOCN」ボイス」で一緒に呼吸を合わせたキム・ジェウクについて「俳優」とし「一緒に演技をしながら送受信するときこう投げあの受け、様々な演技することが分かる」と賞賛した。

続いてチャン・ヒョクは「特にセリフや状況にあって、本人が理解していない場合は、簡単に演技しようとしていない様子がきれいに見えた。俳優ならそうしなければならないと考える。私は理解していないのにどのように視聴者を説得することができるでしょか」と「そのような俳優たちを見ると、次のに会った時は、またどのように変わるか期待値が生じることになる。情熱を持った俳優たちに会ったとき、あまりにもいい」と付け加えた。



チャン・ヒョク "「ボイス」の撮影中、腰の負傷、注射撮影強行"


俳優チャン・ヒョク(40)が「チャン・ヒョク "「ボイス」の撮影中、腰の負傷、注射撮影強行"ボイス」にまつわるビハインドを明らかにした。真剣に見える顔裏ユーモラスさがある。

チャン・ヒョクはOCN「ボイス」でジンヒョク役を演じ好評を受けている。ブラウン管と スクリーンを行き来全盛期、全く幸せそうだ。しかし、傷が多くの栄光だった。彼は「ボイス」 の撮影中に負傷を負った。彼は「対外的に傷つけながら撮影した。20分待ってもらった」と言った。

チャン・ヒョクは「「ボイス」の撮影途中 腰がずれた。注射撮影した。その日 の朝のニュースで気温が15度と言っていた。元の海に抜ける神なかったそれを聞いて「それでも良いね」して進行した。ところで、海は映像15度ないよ。その状態で、寒いところに入るとならないことであった」とし「さらに 夕方には、母胎区(キム・ジェウク) アジトで撮影をした。ちょっと座っていた腰があまりにも痛かったよ。実際には、いくつかの病気だった」と述べた。対立があるキャラクターをしたかった。だから、「ボイス」を選んだ。


Q.実際チャン・ヒョクの80年代はどうだったか。

「私の80年代は、個人的には自由だった。ただ友人らと遊んでばかりといいから。私はボーイスカウトをしたキャンプも行ってそうだった。運動して、テコンVも好きだったし、映画「雷メ」の表示もして。特に映画の中にも出てくるが共感するのはバナナだ。バナナ一つのためにこれでも呼ばれると思うほど、その当時バナナ持っている人は本当にすごかった。」

「また、プロ野球のジャケットも着たかった、ナイキのスニーカーも履いたかった。その時はスニーカーを母が在来市場に連れて行って買ってくれた。中古も継続申告通った。そして、88オリンピックながら、それは私が6年生だった友人らと手を握って通っていたことを思い出す。「

"本当に怖かったのはゲームセンターである。真っ最中ワンダーボーイ、スポンジが流行していた時だった。ゲームセンター特有のにおいが地下でコインを入れてゲームをして、ある瞬間、何かが感じられることがある。世界で最も礼儀正しく控えめな感じでじっと手を集めなければならない。耳そっと取れなる。お母さんが来て、じっとして捕えられてそうだった。(笑)さて、その日は死ぬのだ。(笑)弟がいる私の年齢の友人は、多経験したはずなのに、日曜日になると、頭を刈る理髪店に行く。私は理髪店で髪を刈って弟は100ウォンはさみを文房具で買って、私は頭を削ってくれる。その後、900ウォンが残るのに、そのお金にした板に50ウォン催し物に書く。お母さんが見ると、頭は切ったアメリはいくつかの奇妙なされており(笑)そんな記憶がたくさん飛ぶ。」

Q.チャン・ヒョクが考えている「普通の人」は。

「常識が通じる時代に常識的な行動をする人。常識があるということは基本的に守ろうというものだ、基本的に守られる国ほど幸福指数が高いよ。普通の人というのは、その時期に定められている基本を守る人ではないかと思う。絶対容易ではない。その基準は、すべて違うから。ノーマルなことを保障するために努力する人も大変だ。私と話しているわけではない勉強できない人は、通常、も行けない場合が多い。(笑)」


20170111010010504000695685913607174583471430376500001447k107.jpg



マガジンMより!

20170111010010504000695685913607174583471430376500001447k106.jpg


今シーズン中は、先端に向かって疾走しているTVドラマ「ボイス」(OCN)の刑事無ジンヒョクは、熱く過酷人臭い俳優チャン・ヒョク(40)の代表的な画像を集めたキャラクターだ。「普通の人」のチェギュナムは正反対だ。1987年の息詰まる韓国社会、多数のために少数を犠牲にするのが当然だと思っている安全企画部室長、それも本音を読み取ることができない表情がさらに不気味な人物である。1997年にデビューして20年以上演技をしてきたが、「今後やってみたいの役割が多い」と言うチャン・ヒョク。
応答:「私に三ボンチェ悪役である。法廷スリラー「依頼人」(2011、ソンヨウンソン監督)で容疑者ハンチョルミン役を引き受け、1398年に行われた第1次王子の乱を題材にした時代劇「純粋の時代」(2015、アン・サンフン監督)で色仕掛けで仕事を飾るイバンウォン駅だった。悪役を演じる楽しさがある。極全体を引っ張っていく枠組みの中で、主人公が動かなければなら、彼防いはアンタゴニストゥは、はるかにさまざまな方法で自分の存在をさらすことができる。 "
「「嘱望される若手検事出身」という設定なのですが、最初はギュナムも社会を改善してみようと決心したのだ。そのような考えが権力関係の現実の中で少しずつ変わっただろう、そうするうちに、今のような人物がないかと。彼はサイクスを追求するのではない。ただ、その行動が社会のための道だと信じているのだ。そのすべての過程で、自分自身と立場が他の人々、権力のピラミッドの下にある人々と疎通していなかったのが問題だろう。」

「その年の冬、当時、ソウル汝矣島にあったSBS社屋で午前6時ごろ、最初の台本リーディングをしに行った。その後、引き受けたその墓〜な臭いをまだ覚えている。漢江で越えてきた風と寒さ、その気持ち。子供の頃「俳優になりたい」という思いをしたことがない。運動選手を夢見る、高校3年生の時に演劇部の友人基づいて、ソウル芸大演劇映画科に進学しながら演技を始めた。デビュー秒、いくつかの先輩俳優が私に演技できないと怒った。それが何を言っている頭では分かるが、胸に受け入れられなかったよ。「私は今まで運動をした、演技をしてきたことがないのに、私になぜこんなこと?」このような考えだけ聞いた。私は俳優という事実を受け入れたのは、時間が徐々に過ぎてあった。作品とキャラクターがたどりつき、それさえもいくつかの監督と俳優に会ってかによって、常に新しい経験になる。だから、今も煙が毎回新しい。 "

"普通の生活を生きていく人物を演じたことはほとんどない。じっと見ると、ほとんど外を迷い家庭の日常に戻ってくるキャラクターだったようだ。俳優という職業自体が、撮影が開始されると、毎日家にきちんと入ることができなかったではないか。そうしたら家庭の日常への渇望が大きく、どんどんそのような役割に引き付けられるんじゃないかと思ったりして。一方では、私は劇的な物語、だから食い違いの演技を見せてくれることができる人物を好きだからという気もする。誰もが笑うとき泣いて、泣いて当たり前の状況で笑う、そのような感情のずれを表現できる人物だ。」

「一つのことを10年以上しても同じことを繰り返しているのではない。その中でも状況と段階に応じて、毎回新しいものが繰り広げ支持ではないか。煙もそうだ。その中に私がこれから求めなければならないものが残っていると感じるのです。私は特別なものではなく、みんなそれぞれ何かをしながら、そのような気持ちで生きていくことではないか?」

ジャンソンラン記者



スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼