チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

Voice ボイス スペシャル 3/18


Voice ボイス スペシャル 3/18



http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188597



http://tv.naver.com/v/1527858/list/118392



http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188861



2017011101001050400069568591360717458347143037650000116.jpg

動画

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188862

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188863

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188864

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188865

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188866


関連記事は~
http://blogs.yahoo.co.jp/keihyuk1220/71061130.html



18日放送されたケーブルチャンネルOCN週末ドラマ「ボイス:見逃してはなら話「1回では、ペク・ソンヒョン、ソン・ウンソが撮影して残念な点を告白した。 この日ペク・ソンヒョン(シムデシク役)とソン・ウンソ(パク・ウンス役)がコメンタリーMCとして登場、ドラマを撮影して感じたことを明らかにした。

ペク・ソンヒョンとパク・ウンスはジンヒョク(チャン・ヒョク)が、事故が発生したことも無欠な姿で事件を解決しに行く姿を言及した。ジンヒョクはあまりにも無敵である」と言って笑いを誘った。

惜しかった点も伝えた。ペク・ソンヒョンは自分はアクションシーンがなくて残念だった」と明らかにし、パク・ウンスが複数の言語に堪能な設定だったが、隠されて残念だったと付け加えた。また、二人は印象深いエピソードの中でゴミの家事件を挙げた。ペク・ソンヒョンは「知っているにもかかわらず(ドアを開いて)とても怖かった」と当時を思い出させた。

また、16部作の名場面が続いた。犯人に出演した俳優たちが撮影当時苦労した点などをインタビューの様子が流れた。 キム・ホンソンは「ボイス」を企画した理由について、「私たちの社会にゴールデンタイムを守らなくて起こる多くのことではないか。システムの不在から来る社会的な事件を扱って、そのようなシステムを作り出さなければならないかの部分について話したかった」と明らかにした。

作家も"112申告センター隊員を取材しながら、当社の社会や生活の中でゴールデンタイムがどれだけ重要なのかをドラマを通じてお見せしたかった」と伝えた。 制作陣は「事件の背景、事件を犯した人、犠牲になった人の前後の事情を見なければならないということが重要だった。その背景の中に、社会がそれらを放置していたり、それらの世話をすることができる部分に逃したものがないか部分をより話してと思った」とし、ゴールデンタイムを介して話したかった明らかにした。

作家は、パク星拉致事件については、「ソラネト事件のように、女性と男性のための偏狭な組み分けのような点について問題提起をしたい作ったエピソード」と明らかにした。また、社会的な事件である楽園福祉館、バス爆発事件を扱うようになった理由は、「序盤は個人的な犯罪で進めば、後半は社会的な問題に拡張しようと努力した。福祉館は団体、バスは大きな企業が犯罪に、(事件の)ジョムチュンを見せたかった」と明らかにした。

一方、視聴者イベントを介して選んだボイス最高のシーンが続いた。最も痛快だった瞬間は、児童虐待の加害者であるベクソンハクを膺懲する場面、最もソロム出る瞬間はオスジンが洗濯機に隠れたアラム日に訪れた場面だった。最高の瞬間は、クオンジュとジンヒョク(チャン・ヒョク)の事件解決の瞬間。製作陣はジンヒョク長、検査に厳しい忠告を与えた場面を選んだ。



スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼