チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

Voice ボイス 第16話&動画(最終話)


Voice ボイス 第16話&動画(最終話)




チャンヒョクさん、
みなさん、お疲れ様でした~☆



動画

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188058

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188059

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188060

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188067

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188068

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188069

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188331


ビハインド映像

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/188128


「ボイス」殺人キム・ジェウク、精神病願書患者に殺され「衝撃の結末」

「ボイス」殺人キム・ジェウクが、最終的に逮捕され、精神病院で悲劇的な最後を迎えた。キム・ジェウクはペク・ソンヒョン(シムデシク)を監禁した後、暴行した。そしてその後チャン・ヒョクと対決した。この過程で逮捕されたキム・ジェウクは自殺に偽装して、病院を抜け出した後、日本密航を計画した。父イ・ドギョンは、息子を誤って育てた罪を反省し、「テグよ、地獄を見てみよう」という言葉を残した後、拳銃自殺を選んだ。結局、チャン・ヒョクがクオンジュを訪ねてきたキム・ジェウクを現場で連続殺人犯で逮捕した。精神病院に入院させられたキム・ジェウクは同じ症状で治療を受けていた患者から残酷に殺害を受けながら罪の代価を払うことになった。


「ボイス」チャン・ヒョク、ペク・ソンヒョン助け、殺人キム・ジェウク逮捕」

クオンジュとジンヒョクはテグが子供の頃、自分の父親(イギソン)が殺人を犯している現場を偶然目撃していたことが明らかになった。この事件は、彼のサイコパス的な性質を学習させてしまった。父親は息子を自分の罪悪感のためにマニアックで暴走することを放置した。

テグはシムデシク(ペク・ソンヒョン)を殺害しようとした。テグはCCTVを通じてクオンジュとジンヒョクを発見し喜んでいた。テグの家の電気を壊すことはもちろん、電波を妨害して、二人の支援要請を遮断した。二人は音を聞いて、地下に行った。

シムデシクがテグに殺されかけて倒れている中、テグ、ジンヒョク、クオンジュは直面した。クオンジュはゴールデンタイムのチームに支援を要請した。テグとジンヒョクは互いに銃を持って対決した。他の警官が支援に現れテグは銃を捨て逮捕された。ジンヒョクは怒りを隠せない中テグは「撃て」とジンヒョクを誘発した。

彼は捕えられた後、少なくとも30人以上の被害者の殺害の可能性があると報じられ、父親は、テグを救い出すために、星雲病院に連絡した。テグのために病院側の青酸カリを食べて亡くなったかのように見えるように頼んだ。知らせを聞いたジンヒョクとクオンジュは怪しく感じた。病院側はテグの遺体引き揚げ駐車場に移送して彼を逃がしてしまった。

クオンジュとジンヒョクは一歩遅れて到着した。会長はその間テグの日本へのパスポートと船便を準備した。運航を介して脱出する計画であることに気づいたクオンジュとジンヒョクは先に行って潜伏した。その間父親は、検察側連絡して自分の息子を死んだことにして書類を作ってもらうよう主張し、息子を救い出すためにありったけの力を使ったが、すでに星雲通運のバス事故とテグ殺害行為がマスコミを通じて報道された状況だった。

テグは脱出時に秘書を殺した。自分の服を着せて、死に偽装しようとしたが、発見された。テグは脱出時に映像でクオンジュが自分を狙撃すると言っているのを見て、クオンジュへの怒りで彼女を訪ねて行った。テグの父親は凶器を持ってクオンジュの家に行ったテグのことを知り、会長は、自分の判断が間違ってたことを悟って所持していた拳銃で逮捕直前に自殺した。

クオンジュがインタビュー受けた理由は、テグを誘発するためであった。事前にジンヒョクと連絡をしておいたクオンジュが自分がテグを誘引して出すことにしたもの。ジンヒョクはクオンジュを殺そうとしていたテグに向かって銃を撃った。テグは苦しみながらも、自分がジンヒョクの妻(オヨンア)を殺すときに感じた快感について話し始めた。 ジンヒョクはテグを殺そうとしたが、クオンジュが「モンスターを捕まえるために自分がモンスターになってはいけない」とジンヒョクを止めた。ジンヒョクはテグを殺す代わりに誰も持て遊ぶことができない空間に置くと言って、自分の復讐を終えた。

ジンヒョクは、その後、彼の息子ドンウ(イ・シウ)を訪ねた。入院した自分の息子に自分が約束を守ったと明らかに疲れて眠っている息子をじっと見つめた。ジンヒョクとクオンジュはテグによって死亡した自分たちの家族が眠っている納骨堂を訪れた。

シムデシクは自己呼吸が可能となったが、まだ意識が戻らなかった。

警察ではゴールデンタイムのチームは、継続されることになり、警察幹部は大勢交替させられた。

テグは捕まり、最終的に星雲精神病院に収監され、治療を受けていた。テグは そこで恐ろしい日々を送っていた。彼は幻聴と歓迎に苦しめられた。テグが投獄された空間は、過去の彼のアジトと全く同じだった。医師はテグを奇妙な部屋に閉じこめた。
その部屋には、他の精神患者がいた。医師が現れると、彼は他の精神疾患者に囲まれ無差別暴行に遭う。精神患者たちは一斉にテグを凶器で刺す。苦しみに倒れるテグを医師は鈍器で殺す姿が描かれた。テグが過去に人を殺害したかのように担当医は、ハンマーで彼を脅した。テグは医師の手によって殺され死亡した。

神経質な医師(ギムグォン)は、「テグは病院の精神病患者に最終的に殺された」とテグの最後を伝えた。しかし、彼の言葉通りテグが死んだのか、あるいはテグのような権力型サイコパス的な医師に殺されたのか曖昧だ。


20170111010010504000695685913607174583471430314.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430315.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430318.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430317.jpg

20170111010010504000695685913607174583471430312k1.jpg

2017011101001050400069568591360717458347142996K1.jpg



スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼