チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

Voice ボイス 第13話&動画&14話予告


Voice ボイス 第13話&動画&14話予告




201701110100105040006956859136071745834714258.jpg



動画

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/187169

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/187172

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/187181

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/187191

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/187195

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/187196




14話予告

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/187238



4日夜放送されたOCN「ボイス」13回では、母胎区(キム・ジェウク)が自分を裏切って無ジンヒョク(チャン・ヒョク)を満たすためにしたナムサンテ(キム・レハ分)を殺す姿が描かれた。ボイスゴールデンタイムのチームが解体の危機に置かれた。

強権州(以下や分)がジンヒョク(チャン・ヒョク)の妻ホジヒェ(オヨンア)を疑う様子が描かれた。

この日の強権与えるジンヒョクに妻ホジヒェが消えたホームレスゴンチョルファンに特にこだわってきたという事実を打ち明けた。ジンヒョクは強権株価妻ホジヒェが地被開発のブローカーだったかもしれないと主張してみましょう言葉もならないと彼女の言葉を否定した、かかってきたナムサンテの電話を受けて出ていった。

ジンヒョクナムサンテと電話をしたことを知った強権与える彼は個人的にナムサンテに会いに行こうとすることをアルゴソは彼に出た。強権与えるナムサンテと武進ヒョク出会いを約束したペンションが彼と妻ホジヒェとの思い出が詰まった場所であることをアルゴソはますますホジヒェの正体を疑問を持った。

同じ時刻、ジンヒョクを朝食に呼び出したナムサンテは母胎区に殺害されてしまった。そして、彼はナムサンテが死んだ場所にホジヒェの声録音ファイルが入ったテープレコーダーを残した。一歩遅れてナムサンテの遺体を発見したジンヒョクは無責任に死んでしまったナムサンテの遺体の前で怒った。

一方、ナムサンテが死んだというニュース報道を見た蚊汎(イ・ドギョン)は、息子の母胎区を疑って、彼の家を訪ねたが母胎区の家にいなかった。ちょうど彼の家には、眼球がない封印された遺体一つがあるだけだった。遺体を発見した蚊犯はようやく息子母胎区が連続殺人犯であるという事実に気づいチェトゴ、彼の息子母胎口を保護するために星雲地方警察庁長ベビョンゴンを呼び出しナムサンテをコーナーに追い込んだゴールデンタイムのチームを取り除くと暗黙的に指示した。

ゴールデンタイムのチーム解体公文書を受けて警察庁長の部屋を訪れたが母胎区つまずいた。ジンヒョクに挨拶をかけ、彼の声を聞いたクオンジュは母胎区の正体を一気に気づいた。


ジンヒョク(チャン・ヒョク)が警察庁の中のスパイを探していたのシムデシク(ペク・ソンヒョン分)を疑い始めている姿が描かれた。」」

シムデシクは自分にかかってきた父の電話を受けて笑顔を浮かべ、ジンヒョクは「父も明らかか?」と尋ねた。 これシムデシクは"まあ。その良い特別養護老人ホームにいるのに」と笑って見せた、ジンヒョクは「よくしておい。おられたときによくしろ」と言った。



「ボイス」キム・ジェウク、歴代級悪役

母胎区を演じるキム・ジェウクは登場だけでも恐ろしい殺人の様子をしっかりと表現して出して、見る人の感心をかもし出した。
この日の母胎区悪役の終わりを見せてくれた。ナムサンテ(キム・レハ分)が自分を裏切ること契丹知らせを聞いた彼はナムサンテが無ジンヒョク(チャン・ヒョク)を満たすために一つの場所に無ジンヒョクより先に現れた。塗らナムサンテを残酷に殺害した。
彼を殺した後、まるで切腹して自殺したように作り上げた母胎区何気なく家に向かい、自分の家に誰かが来た間、実際にも分かるようになった。
母胎区サイコパスの傾向は、自分の父親蚊範囲(イ・ドギョン分)にも向かった。蚊犯を殺していないがキボムとの食事の席で自分自身を木と呼ばれるキボムに轟音ながら過酷な性向を表わしたもの。
実際には、彼のサイコパスの傾向は、子供の頃から続いたのだった。蚊犯回想の中で子供母胎区お父さんに魂が私奥の部屋の中で犬を残酷に殺していた。自分を呼ぶ父に「この子は私頼んで魂を出しているところだった」とハンマーで打つ子供母胎区の姿は愕然するほど。
そのような母胎区サイコパスの傾向をしっかりと見せてくれたのは強権州(以下、私の方)の家での様子。強権主義の家見つけ母胎区カーテンの後ろにいた強権主義捜査記録を見て興奮して喜んで暴れた。人の笑いがこのように背筋が寒くできるかどうかを適切に見せてくれた部分。
このように、登場だけでもすべてをゴプナゲする母胎区をキム・ジェウクはリアルに演じている。なぜ今になってサイコパス連鎖殺人魔を演じていることを切ないほど。
これまで様々な作品を通じてロマンチックな姿などを見せてくれたキム・ジェウクは今回の「ボイス」を介して自分の人生作に会った感じだ。
これからキム・ジェウクは無ジンヒョク役のチャン・ヒョク、そして強権州駅の以下出て対立を適切に立てる見通し。その過程でキム・ジェウクのサイコパス演技がどのように光を放っか、今から楽しみにされている部分である。







スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼