チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

普通の人 ポスター&ティーザー1公開


普通の人 ポスター&ティーザー1公開




普通の人、3月23日に公開確定




20170111010010504000695685913607174583471399.jpg

2017011101001050400069568591360654kk1.jpg


20170111010010504000695685913607174583471398.jpg

2017011101001050400069568591360654k4.jpg

2017011101001050400069568591360676k1.jpg







平凡でなかった時代、普通に住みたいと思っこれらの話を描いた映画「普通の人」(監督金鳳漢)がティーザーポスターとティーザー予告篇を公開した。

「普通の人」は、1980年代に、通常の生活を生きていた殺人刑事ソンジン、この国が注目する連続殺人事件に巻き込まれ、人生根こそぎ揺れている話を描いた映画。 公開されたティーザーポスターには、殺人刑事ソンジン(ソン・ヒョンジュ)と安企部実装ギュナム(チャン・ヒョク)のきっ抗対立関係を垣間見ることができる。硬直状態に敬礼をしているソンジンと本音を知ることができない表情を作ったまま、彼眺めるギュナム存在だけで、見る人に緊張感をプレゼントする。

ここで「時代が人を作成した人が事件を作る」というコピーは、平凡な主人公だったソンジンこの時代に巻き込まれることを示唆してストーリーに対する気がかりを一層盛り上げる。 一緒に公開されたティーザー予告編には、「刑事=公務員」という考えに与えられた仕事だけを処理し、生きていく1980年代通常の刑事ソンジンが熱心に犯人を捕まえる姿が軽快なリズムで描かれて一気に注目を集中させる。 またソンジンが懇意兄弟の間である分類されたとバーで向かい合って笑いを爆発させるシーンは、その時代、通常の生活を連想させるし、かすかな共感を形成する。

続く映像には、安企部実装ギュナム召され南山に登場したソンジンの姿が盛られており、映像の中の雰囲気を180度反転させる。 ここで、「これだ南山で関与したことである」と事件の真実を暴く記者分類されたの姿が続いて息をのむ緊張感で注目をひきつける。ティーザートレーラーは「私たちは、普通の人であり、思った」は、強烈なコピーで仕上げされ、1980年代平凡な人生を生きていたソンジンに深刻な危機が群がっことを示唆して期待を高める。 ソン・ヒョンジュ、チャン・ヒョク、キム・サンホなど大韓民国代表俳優たちの心からの煙のアンサンブルと平凡な私たちのすべての話で時代を貫通する共感と響きをプレゼントする





スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼