チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

Voice ボイス 記者懇談会 2/15


Voice ボイス 記者懇談会 2/15





20170111010010504000695685913570.jpg

20170111010010504000695685913560k1.jpg

20170111010010504000695685913556.jpg

20170111010010504000695685913555k1.jpg

20170111010010504000695685913557.jpg

20170111010010504000695685913561.jpg

20170111010010504000695685913558.jpg

20170111010010504000695685913566.jpg

20170111010010504000695685913559.jpg

20170111010010504000695685913563.jpg

20170111010010504000695685913562.jpg


チャン・ヒョク "「ボイス」差別?事後なく事前予防扱って"

15日、ソウル上岩洞スタンフォードホテルで「ボイス」の記者懇談会が開かれた。この席にはキム・ホンソン監督と俳優チャン・ヒョク、以下は私が参加して取材陣との質疑応答の時間を持った。次は、チャン・ヒョクとの一問一答。

-殺人刑事役なので、99%アクションシーンを消化しなければしたと聞いたが。

▲「事件事故が多いところ投入され、犯罪者とぶつかっておくので、アクションシーンが多かった。刑事の立場では、事後に時間的余裕がある場合は、特殊チーム、出動チームの中で解決するべきなのに、(ゴールデンタイムのチームに属している無ジンヒョクは)犯人も検挙なければならず、被害者も救出しなければなら緊迫した状況で、粗悪な感じをよく生かすべきだと考えている。アクションが思ったより粗い監督とリアルに表現しようと話して撮っている。」(チャン・ヒョク)

-俳優同士の現場で「犯人」の検索をtはないか?

▲犯人を推測することができない状況である。7〜8回の台本を見ながら越えて行った部分をもう一度されてついている状況でこれまでのところ分からない。「ボイス」は、心理が残酷である。見えないところの「音」に心理を運転行くからもっと恐ろしい。実際の撮影現場で見たときと、編集画面の感じも違う。表示することができないから音で運転店されて心理を最大化することだ。」(チャン・ヒョク)

-112申告センター隊員強権州(ハナ)のキャラクターについてどう考えているか?

▲「能動的なキャラクターだ。強さも見せ、一方では完璧ではない人で心理的な同情も感じられる魅力的な人物である。まっすぐによく立っていることもある。パートナー隊員が揺れることができるとき取ってくれる役割もする。演技する俳優として魅力的に感じるようなキャラクターだ。」(チャン・ヒョク)

- 「ボイス」をしながら、新たに知ったことや得たことは?

▲「代謝中にない外語れるセリフがあった。「ミランダ原則」を告知させる場合にのみNGが出た。「ミランダ原則」が事後に犯罪者の人権を守らなければならないと公表して生じたものなのに、刑事は事後に犯人を検挙していないか。112センター出動チームは、犯罪を事前に予防する必要がので、結果を見て捜査するのではなく、鮮やかなものを持って来て、現場での予防が必要であるみると違うかよ。乾燥ではなく、感情を保持するべきで見たらNGが出た。 "(チャン・ヒョク)

-ジャンルムル「ボイス」だけ違う点は?

▲「112センターで可動部分を描写しているとゴールデンタイムの中で「なぜ」が必要かどうかをエピソードを介して感じていたよ。実際の事件を同様に作成見せそのようなことだ。これから、このような犯罪が起きていない場合、風が毎回聞いた。 "(チャン・ヒョク)

-最後に、「ボイス」、視聴者に言いたいこと

▲「公務を執行する二人の主人公が私的な執行を一緒にする。112センター長と長以前に自分の家族の事件・事故の被害者の立場から公務執行をする必要がある立場なので、被害者立場から犯人を検挙したとき「公務執行するのか」「報復するのか」の葛藤がある人物だ。武進ヒョク「狂犬」だフィアレスのではなく、怖いのでふりをするようだ。強権支配冷たい人物がない内面は熱く復讐もあるが、切除していくからだと思う。回目を重ねながら武進ヒョク強権週に会い、刑事裏面に被害者として事件に共感していく作品であるだけに残っているものをよく解放いくように努力する。」(チャン・ヒョク)

「ボイス」チャン・ヒョク "私は犯人である可能性があり..."反転
 OCN週末ドラマ「ボイス」の記者懇談会
俳優チャン・ヒョクが、自分が真犯人である可能性もある予告した。OCNの新しい歴史を書いている話題作「ボイス」の記者懇談会が15日午後、ソウル上岩洞スタンフォードホテルで開かれた。この席にはキム・ホンソンPD、チャン・ヒョク、以下は私が参加してドラマに関連する多くの話を交わした。この日チャン・ヒョクは「なぜ私犯人だとは思わないのか。そんなこともないのか」と言って笑いを誘った。

続いて「まだ誰と推測するのは容易でないのが、話がたくさんねじれている状態だ。本当にあの人がそうだろう気がする」と、自分の考えを明らかにした。
以下私は"犯人が誰なのか関心を持ってくれて、本当に感謝している」とし「私たちも犯人の正体をとても不思議に思っている」と付け加えた。

「ボイス」は、犯罪現場のゴールデンタイムを死守する警察の激しい記録を盛り込んだ捜査物である。殺人刑事無ジンヒョク(チャン・ヒョク)と112申告センター長強権州(以下や分)が「ゴールデンタイムのチーム」に勤務し、自分たちの家族を殺した連鎖殺人を追跡し、事件を解決していく過程を描く。





スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼