チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

Voice ボイス 絶えず努力する俳優


Voice ボイス 絶えず努力する俳優




20170111010010504000695672.jpg

201701110100105040006956780jpg.jpg

20170111010010504000695661.jpg

20170111010010504000695657.jpg


20170111010010504000695651.jpg

20170111010010504000695650.jpg

20170111010010504000695655.jpg

20170111010010504000695654.jpg

20170111010010504000695653.jpg

20170111010010504000695652.jpg




「ボイス」 "チャン・ヒョク、絶えず努力する俳優"


「ボイス」チャン・ヒョクが人生のキャラクターに会って熱演を広げている中で、何よりも視聴者の心を動かした「人生酒場」のシーンが話題だ。チャン・ヒョクは14日初放送されたOCNの新しいオリジナルドラマ「見逃せない音-ボイス」(脚本マジンウォン、演出キム・ホンソン、制作コンテンツK)で正体を知ることができない暴漢に妻を失った後、複数の夢見る殺人刑事無ジンヒョク役を引き受けた。特にチャン・ヒョクは今回の作品を通じてデビュー19年ぶりに初めて刑事の役割に挑戦、放送前から熱い関心を集めた状態。大衆の期待を裏切らずに追従許さ、ジャンヒョクピョ「素手アクション」を広げて生じると、様々な感情をディテールに描き出して、お茶の間に「チャン・ヒョクタイム」を稼働させた。

特にチャン・ヒョクは、劇中の妻が無慈悲な犯罪の犠牲にされて、息子は病院で闘病中の状況では、これ以上失うもののない無ジンヒョクの鬱憤と切迫を全身で発揮した。同時に持って生まれた刑事無ジンヒョクのラウンドのために責任感と勝負欲を熱く表現し出して序盤の視聴者の感情移入を導いた。

これと関連し、1、2回で劇中の刑事たちがアジトのように見つけるのパブ、「ビョルイネ」で捕捉されたチャン・ヒョクの真正性あふれる表情の演技が話題を呼んでいる。ジンヒョクが苦しむ悲しみと怒り、悔恨などの複雑な感情を目かに静かに表わしたもの。

まず、チャン・ヒョクは、1回で妻の死を知らないまま常連のバー「ビョルイネ」で酒を飲んでいたの後輩刑事であるペク・ソンヒョンにかかってきた電話を介して「事件現場で発見された遺体から兄嫁の身分証明書が出てきた」という言葉を聞いた瞬間、 、せっかく平気なふりをする表情演技で共感を買った。以後チャン・ヒョクは「信じられない」、「信じたくない」炎さと悲しみ、モクモクハムを盛り込んだ目つきを見せてくれて視聴者たちの心を揺さぶった。

一方、チャン・ヒョクは2回でも、ペク・ソンヒョンと一緒に「ビョルイネ」を求めたから。「子供の頃の事故の後、特別な聴力を持っている」は、以下や(強権株)の言葉を聞いたチャン・ヒョクが、自分の心境を吐露すると、ペク・ソンヒョンは「ドキュメンタリーで見ると、、脳の前頭葉にぴったりの衝撃を受ければ、神経細胞が超人的発達することも一台。もしかしたら知っている?」という言葉で再びチャン・ヒョクの頭の中を複雑にした。これチャン・ヒョクはソルピト失笑を含んだまま空虚な目つきを見せてくれて武進ヒョク苦しむ感情を完全に描き出した。

このように、チャン・ヒョクは、劇中の暴漢に妻を失い、復讐のために熾烈な人生を生きている無ジンヒョク役をカスタマイズ服を着たような熱演で消化して、もう一つの人生キャラクターを作り出している。チャン・ヒョクのカリスマが込められた貫禄の演技力が「見逃せない音-ボイス」を硬く導いながら、完成度を倍増させ、観戦要素として一役している反応である。

製作陣側は"チャン・ヒョクは作品と演技において誰よりも徹底して努力する俳優」と「これまでの年輪にもかかわらず、絶え間ない努力が裏付けされたのでチャン・ヒョクの深い演技力に共感しかないようだ」と伝えた。



スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼