チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

Voice ボイス スペシャル映像


Voice ボイス スペシャル映像




http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/181012

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/181014

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/181015

http://program.tving.com/ocn/voice/2/Vod/View/181017



20170111010010504000695644.jpg

20170111010010504000695632.jpg

20170111010010504000695631.jpg

20170111010010504000695630.jpg

20170111010010504000695629.jpg

20170111010010504000695628.jpg

20170111010010504000695627.jpg

20170111010010504000695626.jpg

20170111010010504000695625.jpg

20170111010010504000695624.jpg

20170111010010504000695623.jpg

20170111010010504000695622.jpg

20170111010010504000695620.jpg

20170111010010504000695621.jpg

20170111010010504000695619.jpg

20170111010010504000695618.jpg

20170111010010504000695617.jpg

20170111010010504000695615.jpg

20170111010010504000695613.jpg

20170111010010504000695611.jpg

20170111010010504000695608.jpg



「ボイス」チャン・ヒョク、アドリブも輝いていた... 「寒い、行こう」

「ボイス」チャン・ヒョク、
 極度のキャラクターモール入力+視聴者の心動いたアドリブ」も!


ボイス」チャン・ヒョクが極度のキャラクターモール入力はもちろん、視聴者の心を動かす即興大使に注目を集めている。

チャン・ヒョクは14日初放送されたOCNの新しいオリジナルドラマ「見逃せない音 - ボイス」(脚本マジンウォン、演出キム・ホンソン、制作コンテンツK、以下「ボイス」)で正体を知ることができない暴漢に妻を失った後、複数の夢見る殺人刑事無ジンヒョク役を引き受けて熱演を広げて呼応を得た。

チャン・ヒョクはディテールした感情演技はもちろん、「通り魔に凄惨な妻を失った刑事」武進ヒョク苦しむ悲しみと怒り、悔恨などの複雑な感情を表現した即興大使に撮影現場はもちろん、視聴者の感情移入と没入度を高めている。

1回でチャン・ヒョク(無ジンヒョク)は、妻の死を教えるために電話をかけたペク・ソンヒョン(シムデシク)に「この子がなぜ他人の妻を欠場して?今日は買って一切そう、エイプリルフールか?」とお酒に酔った声で言って劇の緊張感を高めた。
事実「酒を飲んで、妻の死の知らせを聞くことになる」は、シーンは台本にはなかったもの。何よりも、シーン自体はもちろん、衝撃的な事実を努めて無視しようとするアドリブまでチャン・ヒョクのアイデアで始まったという点で意味を加えた。

チャン・ヒョクは、妻の遺体と向き合っシーンで「このろくでなしのようなもの、私はあまりにもない入ってくる」というの端を結んでいないアドリブで撮影現場を静まるように作ると、凄惨に殺害された妻の素足を握っては、「寒い、行こう」と言って視聴者たちの胸を詰っさせた。特にチャン・ヒョクは極度の感情没入のために、実際のお酒を飲んだ後熱演を広げて、現場を盛り上げた。

だけでなく、チャン・ヒョクは、劇中の3年後に「地区隊傾斜」に転落した武進ヒョク妻を殺した犯人だと信じるとアイゼンの行方を探して通っていたのは過去とアイゼンの負荷を保持する殺人に連れて来た場面でも、感情を盛り上げるアイデアを提案した。シナリオでは、劇中とアイゼンの負荷に出演したイ・ジュニョクの横に頭を下げたまま座っている設定だったが、チャン・ヒョクが椅子に横たわってお尻を悩まこの姿で劇にリアルを加えたもの。

しばらく騒いダンイ・ジュニョクに向かって、「鼓膜飛び出ることわかった」し、帽子を投げると、イ・ジュニョクが自分に向かって「夫がその形態その格好だ妻が路上でナイフ当たって死んで」と言うと、「私の子の目からレーザーが目からずっと〜ナガネ!」とイ・ジュニョクに向かって無差別キックを飛ばしたりもした。

このようにチャン・ヒョクはディテールした感情演技やシーンの状況に合ったアドリブを和えた熱演で妻を失った刑事無ジンヒョクの内面を視聴者に、より効果的に伝達する、硬く積み重ねた演技内面空白を如実に発揮している。台本には出ておらず、俳優の分け前として表現しなければならない即興大使に劇の完成度を高め、視聴者たちの没入度を増幅させる、チャン・ヒョクの熱演に視聴者たちは賛辞を吐き出している。

制作陣は「チャン・ヒョクはデビュー19年ぶりに初めて挑戦した刑事演技を通じて「信じ見る枚俳優」の底力をもう一度立証した」とし「カメラの前では、極端なキャラクターモール入力で劇の中心軸に活躍をピョルチヌンガと、カメラの後ろには、一番上の兄として現場​​を網羅人間味あふれる姿で現場に手本になっている」と伝えた。




スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼