チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

2016 MAMAに参加 12/2


2016 MAMAに参加 12/2





「MAMA」
 イ・ビョンホンからハン・ヒョジュまで、歴代級プレゼンターラインナップ公開


音楽で一つになるアジア最高の音楽授賞式「2016 MAMA(Mnet Asian Music Awards、エムネットアジアンミュージックアワード)」が華やかな授賞者ラインナップを公開した。「2016 MAMA」が来る12月2日、香港AWEで開催を控えている中、今年一年の映画、ドラマなど大衆文化で圧倒的な存在感を見せた大韓民国名品俳優たちが総出動すること。

まず、国内とハリウッドを行き来するワールドスターイ・ビョンホン、映画では強烈なカリスマを芸能では、身近なイメージで魔性の魅力を誇るチャ・スンウォン、毎作品ごとにユニークな演技力で興行を導くハ・ジウォン、最近盛況のうちに終了したドラマ「W」で吸引力のある演技を披露したハン・ヒョジュが「2016 MAMA」を輝かせる。

また、2017年に放送されているOCNの新しいドラマ「ボイス」で刑事役で演技変身に挑戦する名実共に演技派俳優チャン・ヒョク、流水の作品を介して、絶え間なく大衆の愛を受けてきたハン・ジミン、最近放映終了した「モンスター」で善悪が共存するキャラクターを完璧に消化したパク・ギウン、国内だけでなく中国で熱い愛を受けているパク・ミニョンが参加を確定した。

EXO、防弾少年団をはじめ、セブンティーン、ガールフレンド、アップデートワイス、アイオワ子供、NCT DREAMなどが披露派手なパフォーマンスは、もちろん、大韓民国を越えて、アジア最高のスターで構成されプレゼンターラインナップが「2016 MAMA」に向けた期待感を最高潮にしている。

一方、「2016 MAMA」の本式のレッドカーペットチケットは「エイチケイチケット発行ドットコム(hkticketing.com)」で購入することができる。オンライン投票は、現在までに約5800万件に迫るし、多くの関心を集めている。オンライン投票は12月1日(木)深夜まで行われ、2016 MAMA」の公式ホームページ(2016mama.com)PCと携帯電話で1人1日1回誰でも投票することができる。

「MAMA」は、No.1のコンテンツ企業CJ E&Mが主催する名実共にアジアを代表する音楽フェスティバルで、今年8回目を迎えた。1999年に「Mnet映像音楽大賞」で始めて大韓民国音楽産業の成長と一緒に着実に進化を重ねてきて、約10年余りの間、国内で開催してき、2009年を基点に「MAMA」で変貌した。

2010年からはマカオをはじめとグローバルに進出、以降2011年にシンガポール、2012年から2015年まで香港でつながり、単純な年末の音楽授賞式を越えて全世界の人々が楽しむ最大の音楽祭であり、グローバルコミュニケーション窓口、アジアの大衆音楽普及の章で定着した。

来る12月2日(金)香港(AWE AsiaWorld-Expo、アジアワールド-エキスポ)で開催される今回の「2016 MAMA(Mnet Asian Music Awards、エムネットアジアンミュージックアワード)」は、「コネクション(Connection) 」をコンセプトに、アーティスト、グローバル音楽ファン、クリエイターを接続するコミュニケーションの場で革新を図る。授賞式とパフォーマンスが繰り広げられるメインステージの上では、技術と感性、仮想と現実をつなぐ新たな空間を創造しなけれMAMAだけ披露する斬新な舞台に、2016年の最後を飾る予定だ。

また、今回の2016 MAMAでは、国内の中小企業の海外進出の足場を用意するために、2014年MAMAから用意した「中小企業の会議」に歴代最多の企業が集まった。CJ E&Mは、中小企業庁との•中小企業協力財団、KOTRAと一緒に9月から中華圏の海外進出を希望する中小企業を募集しており、ビューティー/アイデア生活用品/ファッションの分野で、今年の歴代最多の188社が応募を受け付けてアジア最高の音楽祭であり、グローバル進出のプラットフォームとしての地位を誇示した。

これは、過去2014年(91社)に比べ2倍以上に増加した数値で、大•中小企業協力財団と外部の専門家で構成された審査委員団の評価とKOTRAの市場性評価を経て、51個の優れた中小企業が、最終的に選ばれた。この他にも韓国コンテンツ振興院(KOCCA)選抜8社と大韓貿易投資振興公社(KOTRA)先発5社が参加し、MAMA当日(12/2)現地の観客のターゲット共同展示や中華圏のバイヤーを相手に輸出商談会を行う予定である。





スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼