チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

ザ・ボイス 出演検討中


ザ・ボイス 出演検討中



チャン・ヒョクの所属事務所「「ザ・ボイス」に出演検討中
チャン・ヒョク、デビュー初ケーブル 提案されて検討中


俳優チャン・ヒョクがOCNの新しいドラマ「ザボイス」(ギムドヒョク演出)の男性主人公に有力な候補に上がった。最近OCNのある関係者は、スポーツ朝鮮で「「ザ・ボイス」が来年編成を計画し、本格的なキャスティング作業に乗り出した。当初有力な候補に上がったペ・ドゥナは、試験の意味を明らかにした。何人かの女優たちにシナリオ提案が入った状態とし、近いうちに調整されるようだ」と伝えた。

続いて、 "男主人公ではチャン・ヒョクが有力な候補に浮上し、この作品を通じてOCNとチャン・ヒョクの最初の出会いが行われるようだ。「信じて見て俳優'チャン・ヒョクが「よりボイス」で自分の人生小さい追加できるか期待がされる」と説明した。

「ザ・ボイス」は、大韓民国で最も立ち遅れ地域で片付けるされているところの112申告センターで働いている主人公たちが自分たちの家族を殺した連鎖殺人魔を追う過程を描く犯罪スリラー。

悲惨な犯罪現場の中ゴールデンタイムを死守することがいかに重要であるかを悟り、真の112申告センターの乗組員であり、警察で生まれ変わる過程を解きほぐす見通しだ。劇中チャン・ヒョクは、かつて大型事件を解決したスター刑事だったが、過剰鎮圧事件で、仁川東区の地区隊傾斜降格された無ジンヒョク役を務める。

家族を守れなかった罪悪感に苦しみ疲弊した生活を生きる112申告センターに参加し、心の底に閉じ込めておいた刑事本能を覚醒人物である。

何よりも、チャン・ヒョクの「ザ・ボイス」の出演はデビュー以来初のケーブルドラマ挑戦に意味が深い。1997年SBSドラマ「モデル」以来ずっと空中波ドラマで活動していた彼が、今回の作品を通じてどのような変化を与える業界の関心が集まっている。

一方、映画「新石器時代のブルース」tvNドラマ「アイ・ラブ・イタリア」のキムドクヒョクPDが演出を務める「ザ・ボイス」は、主・助演キャスティングを終えた後、来年上半期放送予定である。






スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼