チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

食事しました SBS 10/2 放送 動画


食事しました SBS 10/2 放送 動画




動画
https://youtu.be/iCTEdxi9Uqk

https://youtu.be/tqL8UtypiHg

https://youtu.be/an5-Wn0lhbU

https://youtu.be/RBx99wJAc0Y

https://youtu.be/PZze2OFBnhY



kk80000000000000314144k1.jpg



「食事しました」
 チャン・ヒョク、「木曜日」によく見えない理由は?
「妻及び子供のために分別する日」

「食事」チャン・ヒョク "分別達人?夫・父親に最小限の礼儀 "


「食事しました」チャン・ヒョクが分別達人の面目を誇示した。2日放送されたSBS「よく食べ、よく生きる方法-食事ましたか?」に出演した俳優チャン・ヒョクは「家事の中で分別を必ずする」と話して目を集めた。

この日チャン・ヒョクは「事実」の食事ました」の撮影が木曜日という話を聞いて「今日必ずすべきか」と二度も聞いてみた」と木曜日録画をためらったという話を持ち出した。続いて「イム・ジホ先生とキム・スロさんが出てくるとして出演を決めた」と付け加えた。

彼は木曜日撮影を消極的な理由は、分別のためだった。チャン・ヒョクは「毎週木曜日の日分別をする」とし「家で私は唯一の助けになることができることが分別するものと考えた」と述べた。

キム・スロが「一週間程度はスキップすることができるではないか」とうチャン・ヒョクは「それでは量が多くなる。今一番気になるのが、今日の分別ができなくて、次の週にゴミが多くなるだろう」と答えて笑いを誘った。チャン・ヒョクは続いて「昔はこんなことを熱心にしていなかった」とし「他のものもできなくてくれる、分別さえしなければ、ならないと思う」と明らかにした。また、「分別から始めて

ますます家庭で夫・父親の領域を広げている」と述べた。一方、「チャン・ヒョクは分別の達人」と呼ばれるキム・スロの賞賛に、チャン・ヒョクは分別シミュレーションまで披露笑いを誘った。彼は「分別は、文字通り分離を良いことである。分類は難しいものほど先にある」とし「食品廃棄物は、まずして分離をよくしなければならない」と立ち上がってデモンストレーションを目を引いた


「食事しました」
 チャン・ヒョク、17年前と同じ外見」「お母さんに」
 ミュージックビデオでデビュー "


「食事しました」チャン・ヒョク、過去の姿が話題だ。2日放送されたSBS「よく食べ、よく生きる方法、食事しました」では俳優チャン・ヒョクが出演して17年前の姿を公開した。この日の事情の主人公は大変生きて来られた母がバスの運転をしながら生計を立てるという話を打ち明けた。これチャン・ヒョクは「母の話を聞くから母を思い出す」とし「私はデビューも「お母さんに「ミュージックビデオだった」と明らかにした。

続いて、1999年にチャン・ヒョクが出演したグループgodの「母に」のミュージックビデオのシーンが電波を乗っ当時21歳だったチャン・ヒョクと今の姿がそっくり「防腐剤」容貌を証明した。この日チャン・ヒョクは「近い人に感謝を表現することは容易ではないことだ」と母親のための感謝の気持ちを伝えた。


人が良いチャン・ヒョク、キム・スロの賞賛?「長い知って過ごした... "
「食事しました」チャン・ヒョク、「義理・誠実さ」賞賛に「善良住みたい」
`人がいい`キムスロがチャン・ヒョクの義理と誠実さを賞賛した。


チャン・ヒョクは2日午前放送されたSBS 'よく食べ、よく生きる方法、食事たいですか? `(以下食事)に出演した。

この日キム・スロは「チャン・ヒョクを長く知って過ごしながらギネスを知っている」とし「チャン・ヒョクは、運動をすると、10年以上、同じ所属事務所に20年以上とどまる。ドラマの台本も丸ごと覚える。この三つは、現だ」と述べた。

これチャン・ヒョクは「善良な人になりたい」とし「毎日善良散水はないだろうがそう生きようと努力している」と付け加えた。


「食事しました」チャン・ヒョク、自分だけが、夜食の準備...マネージャー」
 期待してもいいだろう」


2日放送されたSBS「よく食べ、よく生きる方法 - 食事ましたか?」(以下、「食事しました」)には、先週に続き、俳優チャン・ヒョクが出演、MCキム・スロとイム・ジホのための夜食の準備を開始しました。開始からチャン・ヒョクは、各取れた料理で目を引いた。時間を硬く合わせスープを出して、スープに入る材料までの数を合わせた。また、スープをフィットぬれたスプーンを書くも彼だけの理由があった、彼は毎回熱心に説明した。

夜食作りに自分を見せるチャン・ヒョクの姿にMCキム・スロとイム・ジホは軽く不安を感じた。結局、チャン・ヒョクのマネージャーを召喚して "もしかしたら最近料理塾通いのか」「家で先生を呼んで料理を学んだのか」「どのくらいの練習したのか」等を尋ねた。チャン・ヒョクのマネージャーは「期待してもいいだろう」と答え、マネージャーの答えにキム・スロとイム・ジホは安堵のため息を向けた。


「食事」チャン・ヒョク、4次元の魅力びっしょり。人の臭い俳優

俳優チャン・ヒョクが、ユニークな姿と人間的な魅力を見せてくれた。普通の日にも意味を付与しながら、俳優として堂々と道を歩いていくチャン・ヒョクは善良な人になりたいという決意を伝えて気さくで温かい魅力まで表わした。

2日午前放送されたSBS「よく食べ、よく生きる方法、食事たいですか?」(以下食事)は、先週に続いてチャン・ヒョクが出演した。
チャン・ヒョクは、キム・スロと放浪居候イム・ジホのために夜食を準備した。チャン・ヒョクは慎重に調理した。正確に時間を計ってスープを懸念出して、各種調味料を使用して、下味をした。チャン・ヒョクは「トッポッキとすることができるが、最後はトッポッキがないことがある」とし「この料理の名前を月の着陸としたい。言っておいて笑いが出る。トッポッキではなく、ラーメンが入るのでラボクイだ」と述べた。

チャン・ヒョクが新たに挑戦した料理「月の着陸」は成功した。イム・ジホは「どんどん箸が歌謡」と「かまぼこの割合が少なかった。餅の比率が1、かまぼこの割合が4だ」と賞賛と料理の秘訣を伝授した。キム・スロも「面が太いことを選択したことをよくしたようだ


「食事」キム・スロ」
 チャン・ヒョク、同じ運動10年、同じ所属事務所の20年。すごい」


チャン・ヒョクは分別に特にこだわった。キム・スロは「チャン・ヒョクが分別の職人である」とし「集まりがある日も分別をして戻ってくる」と述べた。チャン・ヒョクは分別を熱心に支援ながら、ますます父親としての役割をしようとすると述べた。特にチャン・ヒョクは、自ら両手と足を使用して分別をする場面を再演して笑いを与えた。

キム・スロはいつも親しいチャン・ヒョクの誠実さを証明した。キム・スロは運動をすると、10年以上をしてた事務所と20年を一緒にして、台本を丸ごと覚える誠実を持っていると述べた。これチャン・ヒョクは「キム・スロは「70歳になっても、情熱という言葉が最もよく似合う人がチャン・ヒョクである」と述べた。

秋を迎えて魚市場を訪れたチャン・ヒョクとキム・スロはおいしいコノシロ検索対決に乗り出した。キム・スロは「2年間数多くの港を回った」とし「チャン・ヒョクよりおいしいコノシロを見つけられないのは話にならない」と自信を表現した。キム・スロは焼きのため活魚ではなく、鮮魚を準備し、チャン・ヒョクはジャンプ力が生きている活魚を準備した。それに加えて、旬を迎えたワタリガニまで美味しい食事を終えた。

この日事情の主人公は、病気の父に代わって、バスの運転をして、家の中を導いてきた母だった。家のために犠牲にした母の事情を聞いたチャン・ヒョクは、「初めてのミュージックビデオ撮ったとき、「お母さんに」だった」とし「周辺の大切な人に感情を表現することは容易ではない」と述べた。

チャン・ヒョクは母が運転するバスにこっそり搭乗する計画を立てた。チャン・ヒョクは隠しカメラのために俳優としての力量を発揮した。バスに乗ったチャン・ヒョクは、自分自身を調べる市民のために戸惑っていた。しかし、いざ事情の主人公は、チャン・ヒョクを全く気づかなかった。チャン・ヒョクは母にあれこれ話をつけ、自分の存在感を表わした最後まで気づかなかった。終点のバスでキム・スロが現れ慌てた事情の主人公は、後ろに登場した娘の顔を見てみよう感激の涙を流した。

放浪居候は重い責任を感じたら生きてきた事情の主人公のためにカニ料理とコノシロ料理を準備した。一幅の絵のようなコノシロ揚げとコノシロ江汀、コノシロの和え物、カニ天ぷらあえ、ブドウ冷汁などが母のための食卓に準備された。放浪居候の料理を味わった母親と家族は幸せな気持ちを表現した。

事情の主人公は、11年前に脳出血で夫が倒れた当時を生き生きと覚えていた。夫の面会と生計のための運転そして痴呆の症状があった姑を仕えながらかろうじて生きてきた年月を打ち明けた。そして、このような母のために娘は感謝状をささげ、感謝の気持ちを表現した。 この姿を見たチャン・ヒョクは、感動を表現した。チャン・ヒョクは「子供もいて、両親もいる立場からありがとう、愛する、ご飯食べようという表現をするのは難しい」とし「そのような時に一緒にするということが感動的だ」と所感を伝えた.





スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼