チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

K-star むやみに俳優に 動画 7/19


K-star むやみに俳優に 動画 7/19





https://www.youtube.com/watch?v=vXOxPg2H2yU

https://www.youtube.com/watch?v=yy0uwjIMHJ4

https://www.youtube.com/watch?v=mczPf2P4sbE

https://www.youtube.com/watch?v=PlzMmDikwTs

https://www.youtube.com/watch?v=u2vpRnZ37Lw




iHQ K STAR勝手に俳優にのホ・ギョンファン、信奉、チャオルー、ベムベム、バクイプソン、パク・テジュン、ジャンヨウンミンがアクション演技も見事に消化し 、チャン・ヒョクのアクションスクールを卒業した。
先週に続き、19日放送でもメンバーたちはメンターチャン・ヒョクとアンヒョクモ院長が準備したアクションカリキュラムを忠実に学んでいった。チャン・ヒョクは、落下訓練やワイヤ訓練など高強度の授業を準備し、アンヒョクモ院長は、アクションに必要な呼吸方法で視線をひきつけた。
普段簡単に学ぶことができない落下線の授業は、恐怖を乗り越えほどメンバーの興味を刺激した。特にアクションチームとの呼吸も重要なワイヤーの授業では、メンバーが積極的に参加意志を表わしたバクイプソン、シン・ボンソンなどはアクション演技に可能性を見せた。また、状況に応じた呼吸法と呼ばれる独特のアンヒョクモ院長の呼吸訓練は演技力はもちろん、メンバーが芸能感噴出させる通路になった。
このような過程を経て、アクション演技編ラストミッションに与えられた映画「おじさん」のパロディでは、いつもギャグ本能を置かなかったホ・ギョンファンもウォンビンに憑依して真剣に演技に臨んだ。また、すべてのメンバーが各自の位置でメンターが伝授したアクション演技を遺憾なく発揮した。
このように「むやみに俳優に」は、愉快で楽しく、しかし真正性になり演技を学ぶという趣旨のように、メンバーたちも一段階ずつ成長している。のために映画「おじさん」のパロディミッションが正常に終了することができたし、何よりも、アップグレードされたメンバーの安定した演技力まで垣間見ることができたという反応。これより、各分野の演技を占領して行っている7人のメンバーがどのように多くの変化になるのか、今後のより一層注目させている。




スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼