チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

ビューティフル・マインド 笑い撮影現場公開


ビューティフル・マインド 笑い撮影現場公開



kk8000000000000031186.jpg

kk8000000000000031185.jpg

kk8000000000000031184.jpg

kk8000000000000031183.jpg


kk8000000000000031165.jpg

kk8000000000000031165k1.jpg

kk8000000000000031165k3.jpg

kk8000000000000031165k4.jpg

kk8000000000000031165k5.jpg


「ビューティフルマインド」
チャン・ヒョク、笑い満開撮影現場のビハインドカット公開

「ビューティフルマインド」
チャン・ヒョク、反転笑顔?「親しみやすい性格」

「ビューティフルマインド」
チャン・ヒョク、実際の性格?「ジェントル+おしゃべり」


KBS「ビューティフル・マインド」の撮影現場の中の俳優チャン・ヒョクの姿が公開された。「ビューティフルマインド」は、反社会的人格障害を持ったイヨウンオ(チャン・ヒョク)キャラクターのハードキャリーな魅力でさらに注目されている。イヨウンオはチャン・ヒョク(イヨウンオ役)の貫禄の演技のために、さらに大きな生命力を持つようになり、「怪物のような演技力」という好評を受けている状況。

しかし、実際にチャン・ヒョクは、キャラクターとは全く異なる顔で撮影に臨んでいる。カメラが戻らない現場での彼は温かい笑いが満開していること。劇中でのヨウンオを想像できないほど笑いをパンパン放っているチャン・ヒョクの反転魅力はさらに注目を集めるしかない。

煙において誰よりも真央して情熱的なチャン・ヒョクは一緒に俳優、スタッフらとおしゃべり三昧に陥るかといたずらをかけるもするほどフレンドリーな性格と。なかなか笑顔を見られないヨウンオと他のチャン・ヒョクの天津た顔は、彼だけの内面が溶け込んだキャラクター消化を改めて実感させる。

ドラマ「ビューティフルマインド」の関係者は、「チャン・ヒョクは思いやりあふれるジェントゥルハムはもちろん、演技に対する姿勢が誰よりも特別な俳優」とし「ファイティングをリードして撮影に拍車をかけますので、今後のストーリーも見守ってほしい」と伝えた。




kk8000000000000031182.jpg

kk8000000000000031172.jpg

kk8000000000000031171.jpg

kk8000000000000031166.jpg


チャン・ヒョクの叩き...感情がなければ、完全な人間ですか?

KBS2月火ドラマ「ビューティフルマインド」が視聴者の感性をかけささげマニア層を形成している。主人公イヨウンオ(チャン・ヒョク)は、感情中枢が本来の機能ができない反社会的人格障害を患う人物である。

彼は父件名(ホ・ジュノ)の制御下に自分の障害を隠して者徹底的に訓練されて真似て生きてきた。いわゆるサイコパスが、普通の人に近付く認識が危険であることを知っていた時期に、より隠れなければならなかった、自分だけの世界に閉じ込められるしかなかったのだ。

保育園に捨てられたイヨウンオは、学校でも、病院でも捨てられた。世界は他人の感情を共感することができない彼執拗に万台だった。このため、イヨウンオが眺める世界と人に向けた視線も日が立ってしかなかった。まだ真実を必要とする世界があることを示したいと思う系真性(バクソダム)の一言は、イヨウンオに期待心理を付与しており、迂回的な言葉は彼女の言葉に対する好奇心を示した状況である。

彼は「感情を持つ人は、完全な人間ですか?」と尋ねたその質問は、視聴者の感性を深く刺激した。このように、「ビューティフルマインド」は、普通の人になりたい特別な人イヨウンオを介して感情が欠けていた現在の時代の廃部を突いている。感情を持つ人間であるかであっても、他人の感情に共感していない同情を感じていたこと感情不具が蔓延し、現実を直視するようにする。

自己恥辱感に陥って現実に屈したヒョンソクジュ(ユンヒョンミン)、自分が受けた傷をされて返してくれと思ったイヨウンオの恋人キム・ミンジェ(パク・セヨン)、自分の欲望のために他人の命を犠牲にさせたチェスンホ(イ・ジェリョン)など、これら思って感じる感情この果たして完全な人間なのか?この問いに対する答えは、来る18日夜10時「ビューティフルマインド」で確認することができる。





スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼