チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

ビューティフル・マインド PDインタビュー


ビューティフル・マインド PDインタビュー




「ビューティフルマインド」PD
「「白い巨塔」のような名作と比較だけで光栄」[インタビュー①]


今週の初放送されたKBS2新しい月火ドラマ「ビューティフルマインド」の好評が殺到している。視聴率面では競争作であるSBS「ドクターズ」に押されたのは事実だが、視聴者の評価は、医療ドラマの最高峰で、いつも議論されるMBC「白い巨塔」を凌駕する医学ドラマの誕生を期待ほど熱い。

これと関連し「ビューティフルマインド」の責任プロデューサーを務めているチ・ビョンヒョンPDは22日TVリポートに「「白い巨塔」は、医療ドラマの中で名作に数えられる。そんな名作と比較されることだけでも光栄日しかない」と述べた。

チPDはちょうど「ビューティフルマインド」が「白い巨塔」と差別されている部分がいるとして、「「白い巨塔」は、善と悪の構図が確実一方、「ビューティフルマインド」は、善と悪では表現キャラクターがないという点である。私たちのドラマは反社会的な人格障害を持ったイヨウンオ(チャン・ヒョク)が自分の感情を徐々に探して成長する物語であり、ここで注目してほしい」と要請した。

「ビューティフルマインド」は、共感ゼロ天才神経外科医が、ある日突然始まった患者の奇妙な死に絡み始めた愛に目覚めて人間性を回復していく物語。チャン・ヒョクとバクソダム、ホ・ジュノ、ユンヒョンミン、パク・セヨンなどが出演している。




「ビューティフルマインド」PD
「チャン・ヒョク、文字そのもの...ホ・ジュノ感嘆思って "[インタビュー②]


ビューティフルマインド」の制作陣が主人公チャン・ヒョクとホ・ジュノの演技力を絶賛した。

「ビューティフルマインド」の責任プロデューサーを迎えているチ・ビョンヒョンPDは22日、TVレポートとの電話インタビューで「チャン・ヒョクは、やはりチャン・ヒョクである」と話し始めた。

チPDは引き続き「イヨウンオはシノプシス上の多く変わるキャラクターだ。感情を釘に感じた、すぐに対応し、自己治癒をすることになるが、これをよく表現してくれていて満足している。そして、これからの演技がより期待される」と強調した。

一方、イゴンミョン役割で9年ぶりにテレビ劇場に復帰したホ・ジュノに対して彼は「感心した。久しぶりの演技なのに内面が深く演技外的な姿勢も良き分である」と舌を巻いた。

もちろん、一歩遅れてキャスティングされて、一部の演技力と関連して批判を受ける俳優もいる。ヒロイン系真相役のバクソダムである。しかし、チ・ビョンヒョンPDは「新人俳優がドラマの主人公を引き受けるみると、一般的に受けることになる視線もある」とし「また系真相キャラクターが序盤の演技が大きく見えない役割である。後半部に行くほど期待してもなるだろう」と自信を示した。




「ビューティフルマインド」PD
「メロのための医療ドラマ?絶対ない」[インタビュー③]


KBS2新しい月火ドラマ「ビューティフルマインド」が今まで見ていないし、医学ドラマの誕生という評価を受けている。たとえ視聴率は期待に及ばないものの、質のストーリー、俳優たちの熱演、感覚的な演出が口コミを乗り始めた。

ただ主人公イヨウンオ(チャン・ヒョク)がヨスンギョンの系真性(バクソダム)と頻繁にからまりながら医療ドラマというジャンルの仮面をかぶったメロドラマに変質されていないかという懸念はなくはない。現在、同時間帯に放送されているSBS「ドクターズ」は、序盤から強いメロを描いて月火ドラマ視聴率競争では勝利したが、しっかりとした医学ドラマを待って視聴者たちの期待は満たさない状況である。


だからこそ「ビューティフルマインド」にかける期待は格別しかない。メロがなくてもされている医療専門ドラマになってくれる「ビューティフルマインド」視聴者は強く望んでいる。これと関連し「ビューティフルマインド」の責任プロデューサーであるチ・ビョンヒョンPDはTVレポートとの電話インタビューで、「主人公のイヨウンオが感情を収容し、自己治癒をするキャラクターであるうえ、最も強い感情が愛であるのでメロがないないが、メロのための医療ドラマは絶対にないだろう」と自信を示した。

現在の系真性を見ながらイヨウンオが感じる感情についてかPDは、「現在は興味の対象でみる、後にはお互いに協力して仕事を解決したり、単純に説明することはできないようだ」と反社会的人格障害者であるイヨウンオの感情の変化と成長に注目してもらう頼んだ。




スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼