チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

商売の神-客主2015


商売の神-客主2015






[TVログアウト①】「客主」商売の神なかった」のタイトルが惜しい結末」

「客主」終了商売の神なかった。18日の夜10時放送されたKBS2水木ドラマ「商売の神-客主2015」(脚本チョン・ソンヒイハンホ/演出ギムジョンソンギムドンフィ/以下客主)最終回では、ボブチョン閉鎖後も行商人の精神を継続チョンボンサム(チャン・ヒョク)の姿が描かれた。

この日チョンボンサムは日本と朝鮮両国の関係を威嚇した罪で死刑判決を受けた。このニュースを聞い毎月(キム・ミンジョンの方)は、チョンボンサムに代わって命を捧げる人を見つけ出、このとき、最石(イダルヒョン分)彼の代わりに死にそうだと出た。毎月は屋内に閉じ込められたチョンボンサムに睡眠薬を弾酒をかけネトゴ、彼精神を失った隙を最石の代わりに玉を入った。

結局刑場にはチョンボンサムではなく、最石が出て行き、彼は「私はチョンボンサムである」と明らかにし素直に死を迎えた。この様子を、すべて見守ったメンヒル(チョン・テウの方)は、息を殺して泣き飲み込んだ。チョンボンサムは最石が死を迎えたことを知って悲痛に沈んだ。

15年が過ぎた後チョンボンサム、立石、毎月の一席に集まった。立石は、鉄道開通のための事業を行っていたの鷺梁津地主毎月に会った。しかし、チョンボンサムがメンヒルより一歩リードした。立石は「あなたがいつも私たちを邪魔して、鉄道が置かれる場所の土地を買ったのか」と尋ねた。これチョンボンサムは「朝鮮の資源が外国に出ていく」と主張した、立石は「あなたは、鉄道開通を防ぐことができない。どのように時代を防ぎ、大勢の膜さらさら」と聞き返した。するとチョンボンサムは、「私はそのつもりはない。今鉄道が生じたら、私たちの同胞はどうなるか。私はちょうど彼らがもう少し適応することができ、時間を稼ぐたい」と自分の意志を曲げなかった。

最終的にチョンボンサムは行商人の精神をラインのために学校を立てた。チョンボンサムは、学生に「私たちの先祖が1000年という歳月の間、かろうじて生きてきた涙、笑い、哀歓、それを克服したのが行商人の精神である。商売に民を利するて、ヒムギョプゴ難しいとき助け合い水換えを絶えず流通させることが行商人の精神である。水妄言、水ペヘン、水盗賊、これが今日、私たちに降りてくる商人、すぐに商人の精神的なもの」と教えた。

この日41回を最後に6ヶ月大長征の幕を下ろした。最終回でチョンボンサムが真の行商人にゴグプ私の姿が描かれたが、視聴者の期待に及ばない展開で物足りなさを残した。

放送直後視聴者掲示板には「商売の神というタイトルにふさわしくない。最後まで商売はしていないね」、「商売の神はだれか」、「「今は商売をするかな」と期待に最後まで見てきた、最後まで商売はアンハネ"、"チョンボンサムの人間的な面を見せただけで商売には見せてくれたことはない」など物足りなさが込められた文を続いた。 イキョンナム記者(lee1220@news1.kr)



[TVログアウト②】「客主」チャン・ヒョク・ユ・オソン・キム・ミンジョン、「演技神」のこと

「商売の神-客主2015 '(以下客主)がタイトルとは異なり、商売一度きちんとしていない終了した。「客主」は「商売をいつするか」という笑い話が出るほどのタイトルとは別の話の展開に袋叩きを迎えたが、チャン・ヒョク、ユ・オソン、キム・ミンジョンという俳優たちが繰り広げる毎回スペクタクルな演技対決は見ているだけでも、五感をぴりっとさせた。チャン・ヒョクは17日の夜10時放映終了したKBS2「客主」(脚本チョン・ソンヒイハンホ/演出ギムジョンソンギムドンフィ)でチョンボンサム役を引き受けて熱演を広げた。

彼は先に「チュノ」、「根深い木」、「輝いたり、与えたり」などを通じて、時代劇に強い俳優というタイトルを自然に獲得した。これに「客主」で示す彼の演技に多くの関心が集まっも当然の結果であった。チャン・ヒョクはこれにこたえるように上手な時代劇トンと演技内面空白を誇り、チョンボンサムキャラクターを立体的に描き出した。

もちろん束力を与えた声は惜しいという評価を受けたが、むしろ、そのような設定がチョンボンサムが経験してきた苦難と逆境の歳月を推測せる手段として活用されているのも事実である。チャン・ヒョクの演技力は、休むことなく繰り返される危機的状況で光を放ったが、特に繊細な感情演技を必要とする瞬間、第役割をこなしながら、目を離すことができなくなった。

彼は死を控えたジョー・ソーサ(ハン・チェア分)を介護するとき、信じていたゲトンイ(キム・ミンジョンの方)がジョーソーサを殺したという事実を知ったとき、道の紹介の悪行を知って怒りするときなど、胸切々と切ない演技から怒りに満ち演技まで数えることができないほど多くの名場面を誕生させた。

「客主」でユ・オソンの活躍を抜いておけば寂しい。彼は劇中の道の紹介に分解チョンボンサムのライバルで劇を導いてきた。道の紹介は、ためらわずに悪行を犯しチョンボンサムをだまして、自分が得ようとするものを手に握りために必死に書いた人物である。「客主」の対立はすぐに道紹介から始めると見てもよいほどだ。

ユ・オソンはそのような道の紹介の悪行に事情を加え、視聴者が理解できるキャラクターで再誕生させた。父の無念の死に復讐するために千家客主を没落させたことでも足りず、ゲトンイの心を占めるため、ユクウイジョン代行することができなるためチョンボンサムを狙う姿はいくら度過度悪行と言っても納得が可能であった。これは、ユ・オソンの演技があったからこそ可能な結果として、彼は狂気(光氣)の強弱の調整を上手に処理し毎瞬間本気を尽くして視聴者たちに道紹介の事情を伝えた。

道の紹介の最後は、彼の悪行を振り返ってみることと同時に、ユ・オソンがどの名優であることを改めて作った。道の紹介は、自分が選択した長さに上がった道とばかり知って生きてきた、終わりまでそれが間違っていることを知らないまま死を迎えた。壮絶な死は、ユ・オソンの演技力にした値の疑いもできなく作成されたと同時に脳裏に忘れられないほど強烈な印象を残した。

キム・ミンジョンは、男性中心の「客主」で唯一の存在感を発散して名前三文字を正しく知らせた場合に該当する。ゲトンイに扮しキム・ミンジョンは男装もいとわない演技情熱を見せ劇の没入度を高めていった。彼は本気で心を私のようであると信じていた瞬間隠しておいた素顔を表わして反転をプレゼントしたことも一度か二度ではない。道の紹介の心を拒絶し、涙を流すがも彼にすべての罪を被せ、自分はすっぽり抜けて出てくる時もそうだった。

ゲトンイはメンヒル(チョン・テウ分)の命を救ってくれた後に不気味な笑みを浮かべて、彼の命に脅迫を日たりもした。このように、キム・ミンジョンはチョンボンサムの前では限りなく優しいヨインネの姿で笑顔を建てるが、図振り返っ線悪行を犯し、彼の手に入れるために血眼になったゲトンイを表現、恐ろしい演技力を広げた。子役からチャグンヒ固めてきた演技内面空白は実にすごかった。

キム・ミンジョンは素朴なゲトンイから狂気に捕らわれた巫女毎月まで多様な姿の人物を立体的に描き出して緊張の紐を離さないようにした。「客主」は、竜頭蛇尾に終わったが、俳優たちの演技は、最初から今までむしろより硬くなった。これこれらの演技を次期作でも会うことを期待してみる。 百草県記者(poolchoya@news1.kr)



「商売の神」俳優たちの演技は「神」であった。

俳優たちの演技だけは非の打ちどころがなかった。主人公チャン・ヒョクをはじめ、最終回を輝かせたキム・ミンジョン、イダルヒョン、チョン・テウなどは商売の神ではなかったにも煙の神は明らかだった。ベテランチャン・ヒョク、子役出身のキム・ミンジョンとチョン・テウなどは深みのある内面演技でストーリーの粗末を代わりに生かした。特に光る助演イダルヒョンはチャン・ヒョクのために死を自任する場面は、視聴者の涙腺を刺激した。



[ '客主」放映終了]商売の神代替どこへ行った?

"過去の身分制度のように付加ドゥェムルリムされ、貧困がドゥェムルリムされている資本主義の弊害のために「自分には未来がない。夢さえ見ることができない」と自らを放棄するこの時代の若者たちと崩壊した中産階級、あまりにも早く押し出さしまった最もたちに希望のメッセージを与えようとする。」 KBS 2TV「商売の神-客主2015 '(以下客主)公式ホームページに紹介された企画のホームページには、「この時代の話題であるお金の価値と意味をチョンボンサムを介して表示しようとする「高度少なかった。だから劇序盤までは当然チョンボンサム(チャン・ヒョク)の成長と一緒に、彼は示す真のトレーダーとしての姿、そして彼が伝える解像度とは何かに関心が集中した。

しかし、複雑な物語の構造のせいでドラマはますます視聴者の考えとは離れ始めた。 「客主」は、門限た千家客主の後継者チョンボンサムが市場のヨリクンで始めて上部の行数と大客主を経て、最終的に巨像に成功するようになる話だ。1979年から総1465回に渡ってソウル新聞に連載された歴史小説「客主」を原作に、朝鮮後期行商人たちの波乱万丈な人生を描く予定だった。しかし、ドラマ化の過程で、原作の一部脚色は避けられなかった。原作のまま移動には多少刺激的な部分が多かったからである。

それにも「客主」は、当初明らかにした企画のも通り「商売」に焦点を合わせなければならいた。もちろん、商売をしていないわけではない。劇序盤チョンボンサムの父千汚水(キム・スンス)が伝えたセリフは、真の商人の度を十分に伝え、ボンサムも成人になった後も、時折、父の言葉を思い出しながら、少しずつ巨像に生まれ変わっていた。しかし、ボンサムは商売ではなく、周辺の敵の計略に陥って対多の危機から抜け出す汲々姿がほとんどだった。

ボンサムが商売をしたシーンの印象的だったシーンをいくつか挙げようと、まず、チョソンジュン(キム・ミョンス)と童夢庁で再会した後、彼のミッションに応じて、同期の最石(イダルヒョン)と一緒に莫大な異を残してきた部分である。彼の商材が一段高くなった場面だった。以降松坡魔に入って、新しいシステムを導入して本格的に「ボンソンセン」で名を馳せボンサムは再びソングマンチ(パク・サンミョン)により魔を失う危機に直面しており、この危機から抜け出すために3曲線に乗るなど苦労している様子もある。

この他にもシンソクジュ(イ・ドクファ)に「ユクウイジョンの長噴出商売に競っ必要があります。怖くありません」と堂々とに反対しボンサムが王子を扱う御物客主になって独占を打破しようとする努力や、先に命をかけて新しいジャンサトギルを開拓した姿などは、「客主」が伝えようとするメッセージと一脈相通じる。しかし、劇後半に行くほどボンサムが商売をする姿ではなく、陰謀と策略に巻き込ま過去と縁に縛ら姿で視聴者たちをもどかしくさせた。

特に毎回登場人物が一人二人虚しい死を迎えて「商売の神-客主2015」は「商売(將事)の神」という酷評まで聞かなければならいた。人物の死は、ドラマの展開上仕方ない部分だったとしても、親友であった立石(チョン・テウ)の裏切りという反転カードまで差し出しながら劇的デバイスを追加する必要があったのかについては、首が傾げる。

放映中10%台の視聴率を記録した「客主」は、序盤まで水木ドラマのトップの座に上がるようにしたが、強力な競争ドラマの登場で1位の座を渡さなければならた。ずっと2位に留まった「客主」がもしもう少し真正性あり、興味だけではなく、どっしりとしたメッセージを伝えて視聴者にアピールした場合の結果は変わらないだろうか。ドラマが放映終了した後も、物足りなさは長く残る見込みだ。









スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼