チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

商売の神-客主2015 血闘


商売の神-客主2015 血闘





kk50000000000000001967k1.jpg

kk50000000000000001967.jpg





「商売の神 - 客主2015」
 チャン・ヒョク - ユ・オソン、命投げつけた「ブラッディ血闘」


「商売の神-客主2015」チャン・ヒョクとユ・オソンが「怒りの血だらけ血闘」を広げてお茶の間を圧倒する見込みである。 チャン・ヒョクとユ・オソンはKBS特別企画ドラマ「商売の神-客主2015」(脚本チョン・ソンヒ、イハンホ/演出ギムジョンソン/製作SM C&C)のそれぞれの底行商人から始めて、朝鮮最高の巨像がされているチョンボンサム駅、朝鮮最高の商材(商材)席を置いて、生涯をかけてチョンボンサムと競合する道紹介役を熱演を広げている状況。

過去33回分ではチャン・ヒョクがイ・ドクファの手形に血眼になっていたユ・オソンをかわしムンガヨウンの命を救って私のお茶の間を応援させた。 何よりも来る28日放送される35回分は、チャン・ヒョクとユ・オソンが互いに対戦はまま激しい衝突を行い、火花散る」血の色血闘」を表わす予定だ。

劇中チャン・ヒョクとユ・オソンが底を転がって顔全体が血だらけになるほど激しい肉弾戦を繰り広げる場面。二人は電光石火のようにお互いに向かって飛びついた後認め容赦なく拳を放ち、「負けず劣らず」熾烈な血栓を続けていく。これまで極悪非道悪行を行ってきたユ・オソンの犯罪事実をチャン・ヒョクが知っているか気がかりなことが増幅される中で、気を失って倒れたチャン・ヒョクの姿が予告され、緊張感を高めている。

チャン・ヒョクとユ・オソンの「死生決断血闘」のシーンは、過去16日、慶尚北道聞慶の叔母酸で撮影された。この日の午前8時から行われた撮影は午後1時過ぎ時刻まで継続され、なんと5時間の間続いた状態。チャン・ヒョクとユ・オソンは軽く体を緩め始めに床にフリップ、丘転がり、拳強打とキックなど激しい動作に対して細心の注意意見を交わした後、、武術監督と一緒に合計を組んで銅線を作った。拳た部屋、キックの回数まで細かくアクションセットを構成しては練習を重ね、完璧なシーンのために刻苦の努力を注いだ。

また、この場面は「商売の神」に向かっていくチャン・ヒョクとユ・オソンが初めて極限の対決を繰り広げる、劇の流れ上、非常に重要な部分。特殊効果チームから様々な角度のカメラの設置のための映像チーム、武術アクションチームまで多くのスタッフらが大挙参加した。さらに、多数の人員が総動員されたのはもちろん、二人の合計が合わない場合は、負傷の危険性があることができるアクションシーンだったから。しかし、二人は体を惜しまない闘魂で、動作一つ一つに心血を注いで現場の歓声を引き出した。 特に万が一突発状況に対処するために、スタッフはマットレスなどの保護装置を備えてきっちり撮影を準備していった状態。チャン・ヒョクとユ・オソンは、これまで様々な作品でアクション演技をしてきた経験をもとに、拳を飛ばし体が落ちる位置まで正確に計算するなど「アクション神功」を遺憾なく誇示した。さらに二人はお互いに捕獲されたまま激しいアクションの動作を取るがも「カット」音が聞こえたら、顔を見合わせて笑いを放つ姿で撮影現場の雰囲気を盛り上げた。 製作会社側は「チャン・ヒョクとユ・オソンは、劇中では、血のライバルで血みどろの戦いを稼ぐだけど、カメラ火が消えたら、誰からともなくお互いを思いやる固い間」と「今までのユ・オソンの多くの凶悪を知っても黙々と我慢してきたチャン・ヒョクが怒りを爆発させることにした理由は何なのか、本放送を介して確認してほしい」と伝えた。







スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼