チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

商売の神-客主2015


商売の神-客主2015



「客主」いったい商売はいつかと言わせれば
記事入力:[2016-01-08 17:17]

「客主」
なぜ静かに商売だけ見せてくれないのだろう[エンターメディア=ジョンドクヒョン]キム・ジュヨン大河小説 <客主>はKBSでドラマ化され「商売の神」という修飾語を付けた。ところが、このドラマで「商売の神」という修飾語にふさわしい商売はよく見えないという不満音が出ている。ただ出てくる音ではなく、実際のがそうだ。

ドラマ<客主>が最近継続的に示しているのはユクウイジョンを代表するシンソクジュ(イ・ドクファ)と行商人を代表するチョンボンサム(チャン・ヒョク)の対決である。チョンボンサムは遠慮なくシンソクジュに「商売として対決しよう」と言うがシンソクジュはいつもこのようなチョンボンサムの風を崩して策略を書いてチョンボンサムを窮地に追い込ん立てようとする。

ジョー・ソーサ(ハンチェア)を間に置いてシンソクジュとチョンボンサムが繰り広げる押し引きは<客主>に商売は見えず、さらに大引けだという話が出てくる最も大きな原因の一つである。嘲笑社チョンボンサムの子供を産むがシンソクジュはその子を自分の子として置こうと欲望を停止しない。ちょっと抱いてみよう嘲笑社から渡された子供を抱いては脱出してしまうシーンは、実際にどん詰まりドラマにでも出てきそう風景だった。

ヨンデリに杭(ファン・)ドクジャンを直接作成シンソクジュの独占を防ぐためにはチョンボンサムの努力に、シンソクジュの扇動を受けた道紹介(ユ・オソン)はドクジャン倉庫に積んであった棒に火をつけてしまう蛮行をコミットします。千家客主に官軍を運転が追われるお世話である鉄サルジュチョソンジュン(キム・ミョンス)をとるという言い訳でトポをし、ここに嫉妬に目が遠い毎月(キム・ミンジョン)までジョーソーサを殺してほしいという要求をすることにより、代わりにだけが(ヤン・ジョンア)が殺害されていることも行われる。

このような事情だから<客主>に、肝心の商売が見えないという不満が出るのは当然見える。しかし、<客主>が描いているのが完全に商売の話だけに限定されないことも理解できないわけではない。チョンボンサムはシンソクジュの独占的詰まっている販路をくぐって物量を確保するために、まったく独自の生産をする商売の神ダウン歩みを見せているが、シンソクジュはそのような商売を通じた対決を望んでいないからである。彼は大引けに近いものを水面下で繰り広げることで、自分が持っている商売のヘゲモニーを維持しようとする。

視聴者が好きな、おそらく公正な商売として対決かもしれない。少なくとも工程だけであれば失敗しても、あまり悲しく近付かはないからである。しかし、オリネ現実で商売の成功は、そのような公正とは距離が遠い。お金が多くの人たちは、資本の力で零細商人たちがかろうじて作ってきた商売の元手を一晩でプッシュしまうことができる環境である。

時にはその不公正な競争の優位性をつかむために違法な政治的結託が起ったりしてさらには法も貧しい者を迫害するために盗むこともある。退屈な訴訟の末、零細な商人たちは間違ったこともないのに、崩れ下すこともある。残念ながら、これがオリネ現実である。商売が難しいこと、商売そのものではなく、それを囲んでいるヘゲモニーの不公正て違法な行為である。

<客主>が完全に商売の話で満たされていないのも同じ理由ではないか。結局、<客主>が見せようとは単に商売を上手一家を成した商売の神描画はではなく、ユクウイジョンシンソクジュに代表される既得権者がすべてを掌握した現実のそれらと戦っていく、その過程ではないか。商売はしなくて策略と謀略だけ溢れているという批判は共感行くだろうが、残念ながらオリネ現実がそうだということを認めざるを得ない。
ジョンドクヒョンコラムニストthekian1@entermedia.co.kr







スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼