チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

商売の神-客主2015 第41話まで延長決定


商売の神-客主2015 第41話まで延長決定






「商売の神 - 客主2015」側 "5回延長... 41回分で放映終了を決定」

「商売の神-客主2015」が41回分を最後に放映終了を迎える。KBS 特別企画ドラマ「商売の神-客主2015」(脚本チョン・ソンヒ、イハンホ/演出ギムジョンソン/製作SM C&C)は、底行商人から始め朝鮮最大巨像に成功することになるチョンボンサムの人生の逆境ストーリーを込めて出している状況。3週連続同時間帯視聴率1位の王座を水性、買収樹木テレビ劇場を占領している。

何よりも「商売の神-客主2015」は、視聴者の熱い愛応援に力づけられて41回路幕予定である「商売の神-客主2015」は1979年6月から1982年2月までの4年9ヶ月の間1,465回に渡って「ソウル新聞」に連載された、キム・ジュヨン作家の大河小説「客主」を原作にしている状態。原作小説を基底に、ドラマに合わせて脚色してみると斬新な部分が多くなり、当初の企画段階から40回を念頭に置いていた製作陣は41回を最後回路する、延長の結論を下した。さらに完成度の高いドラマを作るために最善の選択をしたわけである。

特に中盤をふわりと越えた「商売の神-客主2015」は、チャン・ヒョク-ユ・オソン-キム・ミンジョン-ハンチェアなどのシャギーストーリーがクライマックスに向かって駆け上がっていくより豊かで迫力あふれる展開が続いている。20年間封鎖された北館通りを開けた「商売の神」になるための第一歩を踏み出したチャン・ヒョクは、真の解像度を持つリーダーの姿勢を証明、京畿道イムバンもジョプジャン選挙で「敵」ユ・オソンを破り当選、注目を集めた。

しかし、ユ・オソンが張らた中傷にミルドサルと牛革小麦取引をしているという濡れ衣を着せられたまま捕縛当該ジャプヒョガヌン姿が盛られて緊張感を高めたこと。また、チャン・ヒョクと敵対関係に対立しているユ・オソンは父の死の復讐を夢見てチャン・ヒョクの姉パク・ウネまでの死に運転を取って、自分の成功にことごとくぶつかるチャン・ヒョクを踏みつぶすため極悪非道な悪行をためらわずにいる。

さらに、ユ・オソンはチャン・ヒョクを片思いするキム・ミンジョンの恋心とチャン・ヒョクを殺せはユクウイジョン代行することができ、イ・ドクファのコマンドにより、「チャン・ヒョク殺す」に拍車をかけている。ここで、チャン・ヒョク-キム・ミンジョン-ハンチェアにつながる「運命の三角関係」が火花点火され、ロマンスまた頂点を撮っている。

キム・ミンジョンは「運命男'チャン・ヒョクに向かっていじめる愛を渇望する一方、チャン・ヒョクの力を奪わため裏ユ・オソンと謀略を行っていること。チャン・ヒョクを自分の横に置いて文字の愛と憎しみの間を右往左往して全力を吐き出すキム・ミンジョンの冷酷な愛情が興味をかきたてている。だけでなく、ハンチェアはフサを得ようとする策略を立てたイ・ドクファのためにチャン・ヒョクの子供を胃の中に持ったにもチャン・ヒョクに実子であるという事実さえ伝えない切ない現実にさらされており、関心を集めている。

そうすれば、今後17回分残っ「商売の神-客主2015」では、チャン・ヒョクが新しいジャンサトギルを模索、自分だけの解像度を開拓していく姿が描かれることになる見込みである。チャン・ヒョクが北関通りには穴を開けたが、ユクウイジョン代行することができ、イ・ドクファと客主なの談合で、もはや既存水換えの流通が難しくなったこと。

チャン・ヒョクはこれまで水換えを独占、莫大な利益を取ってきたユクウイジョンに対抗斬新な水換えを開発し、生産、販売まで及ぶ画期的な方法を広げて私になる。加えてチャン・ヒョクがハンチェアのお腹の中の赤ちゃんが自分の血筋であることを知るようになっイ・ドクファからハンチェアと赤ちゃんを保護するために極端な措置を敢行することになる予定なので成り行きが注目されている。

製作会社側はKBSと製作会社をはじめ、べての製 作陣がジャンゴを重ねた末、「商売の神-客主2015」が延長を決定した。ドラマを初めて企画する時から40回を考えていたので、41回が確定されることによって「商売の神」に進むチョンボンサムの話がさらに細かくしてスペクタクルに描かれるだろう」とし「41回分最終回まで」商売の神-客主2015」の俳優たちと製作陣は心血を傾けて最善を尽くして撮影したい。今までのように多くの愛お願いする"と明らかにした。









スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼