チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

商売の神-客主2015 濡れ衣


商売の神-客主2015 濡れ衣





kk50000000000000001329.jpg

kk50000000000000001331.jpg

kk50000000000000001332.jpg

kk50000000000000001327.jpg

kk50000000000000001326.jpg



チョンボンサム「これ商売うか?詐欺と窃盗で!」

KBS「商売の神 - 客主2015」チャン・ヒョクが卑怯で卑劣な方法で解像度を乱すユ・オソンに向かって一喝を飛ばした。(19日)の放送でチョンボンサム(チャン・ヒョク)は、穀米を外敵にこっそり持ち出した道の紹介(ユ・オソン)の秀作で水滴と内筒という罪名でオキサに捕えられて入った。金保鉉(キム・ギュチョル)とした血筋である全羅道観察使(ギムハギュン)は、数的と内通した奴らをすべて保持入れた道の紹介の報告を受けた後、チョンボンサムとチェ石(イダルヒョン)、ゴムベ(リュダム)を残酷に拷問する。

血だらけになったチョンボンサムを訪ねてきた道の紹介が「お前と私はシンソクジュ、金保鉉に代わって試合に大きな商売をしたことだ。シンソクジュはなったし金保鉉は勝った。元の商売というのが半分は詐欺だ」と言うとチョンボンサムは怒りに満ち、「これ商売よ!詐欺と窃盗で!」と「この腐った人間!」と叫ぶ。

チョンボンサムが貧しい姉ソリェ話を取り出す、道の紹介が「あなたは私の獣だとない。ソリェは私の許嫁だった。」と言いながら涙を浮かべべきである。チョンボンサムは「もし、その涙が偽の場合型は私の手にジュクソ」と一喝した。果たしてチョンボンサムこの道紹介の詐欺を明らかに濡れ衣を脱ぐことができるか帰趨が注目されている。



「商売の神 - 客主2015」
 チャン・ヒョク 血まみれ '演技情熱... 7時間のコンサルタントシーンの撮影


「商売の神 - 客主2015」チャン・ヒョクがポスンジュルに縛られたまま延々7時間の間熱演を広げた」とタトゥー」の撮影現場が公開された。チャン・ヒョクは19日放送されるKBS 2TV水木ドラマ「商売の神 - 客主2015」(脚本チョン・ソンヒイハンホ、演出ギムジョンソン、製作SM C&C)17回分で捕縛されたまま鋳型に座ってひどく拷問を受ける姿を描き出す。
チャン・ヒョクは虎視耽々チャン・ヒョクを狙っていたユ・オソンによって濡れ衣を着せられたままポジョルたちに捕まって来た状態。血のコンサルタントとしての死の危機に直面したにもかかわらず、自分の罪を継続して否定する姿を広げ出す。全羅道観察使の鋭い圧迫にも真実を言おうとチャン・ヒョクの「堂々フォース」が気がかりなことを高めている。
チャン・ヒョクが全身を投げた拷問シーンは去る5日、京畿道水原「商売の神 - 客主2015」セット場で撮影が行われた。この日の撮影は、拷問される場面から痛みでオキサに閉じ込められるシーンまでなんと7時間ほど続いたから。さらにチャン・ヒョクはラインにカチカチ縛られたまま鋳型にじっと座っている必要がありしたせいで苦しみが倍にも関わらず、動揺することなく熱血闘魂を発揮し、見る人々を感動させた。
特にチャン・ヒョクはつらく大変な撮影の中、緊張感が漂っ者、一緒に撮影するリュダム、イダルヒョンにゴマ粒の冗談を投げ和気あいあいとした雰囲気を造成した。リハーサルをしながらポジョルがチャン・ヒョクに向かって近づいてくるチャン・ヒョクが突然「盗んだ。盗んだ。私は盗んだ!」と言いながらいたずらを打っ、リュダムやはり「私はそのお米だ食べた!」と対抗打ちアドリブで現場を笑いの海に作った。また、チャン・ヒョクは自分に敗北を加える俳優に延伸大丈夫強くするときだろうとするなど、撮影のために心を注ぎ出す、プロらしい姿を現わした。
だけでなく、チャン・ヒョクはポスンジュルに縛られて、両手を自由に使えない状態でかろうじて水を飲みながら疲れた顔をして見通しがも、カメラが点灯したら、いつの間にか急変、血まみれまみれの罪人がされた、無欠点演技をしてギムジョンソンPDとスタッフたちの拍手を受けた。
製作会社側は "チャン・ヒョクは、シーン一つ一つごとに透徹に悩んで研究して演技を繰り広げる。それだけチョンボンサム駅に最善を尽くしている」とし「一方の現場では、チャン・ヒョクのために、常に愉快な雰囲気がなされている。窮屈な撮影日程も現場の両方に大きな力を与えるチャン・ヒョクにいつも感動受ける」と明らかにした。







スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼