チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

商売の神-客主2015


商売の神-客主2015






kk50000000000000000953.jpg


kk50000000000000000951.jpg


kk50000000000000000952.jpg



商売の神#客主2015#チャン・ヒョク#ハンチェア KBS「商売の神-客主2015」チャン・ヒョクが感情がいっぱい詰まった「瞳孔演技」を披露し、再び「史劇本座」の真価を証明した。この日の放送では、チョンボンサム(チャン・ヒョク)が姉千ソリェ(パク・ウネ)を救うためにチョンギル水中で死闘を繰り広げ条ソーサ(ハンチェア)と運命的に出会う姿が入れられた。チョンボンサムは姉千ソリェを探し毎年立ち寄ったの注意サンシンダンを求めた状況。続いて、幼い頃過ごしたシンマク議員に聞こえたチョンボンサムは千ソリェが残したサンゴかんざしを発見し、飛び出していった。

そして窯を目撃したチョンボンサムは「姉」を歌って追いかけましたが、窯は崖下に落ちてしまってしまったから。チョンボンサムは遅滞する時間もなく、窯が落ちた川に一気に飛び込んだ、水の中でかろうじて姉と思った女性を救った。川岸に女性を引き出したチョンボンサムは息をつきながら苦しんでいる女性の背中を叩いてくれた後、人工呼吸しようとしましたが、女性が自分を押し出す者ソウンヘた。そして女性の背後向かって、これまでの懐かしさを吐き出し始めたチョンボンサムは「私はソリンです。ジョソリン」と振り返っては女性を見て気絶打つ驚いた。自分が求めた人が姉千ソリェがないということを知ったこと。

チョンボンサムは嘲笑社海神あたりに行っても、唯一の姉の考えにぼんやりた状態。しかし、思わずジョーソーサを見たチョンボンサムは全身が水に濡れたまま分岐頭を両手で組んでいる、清楚なジョーソーサを惹かれたように眺めた。さらに海神あたり糸巻きと布の結び目のブレスレットを作ってチョンボンサムのために祈るするという嘲笑社突然チョンボンサムに「私を連れて行ってください」と涙を震えるグォトドンこと。嘲笑社発言に目を丸くしジンチョンボンサムの姿が映し出されながら二人の縁がどうなるのか気がかりなことが増幅されている。

特に7回分でチャン・ヒョクは姉パク・ウネを向けた懐かしさと「ギョングクジセク」ハンチェアの微妙な心理などチョンボンサムの感情線を深みのある「瞳孔演技」で描き出してお茶の間を圧倒した。水の中で健診人が姉だと思った喜びとはないという事実のために切なさ、運命のような女性の挑発に胸震えている姿をひたすら目つきに入れて熱演、視聴者を応援させた。

視聴者は、「チャン・ヒョクさんのためにドラマダウン、メッセージを与える大作に会ったように思える幸せです。36回まで逃さず、チャン・ヒョクさんを応援します」、「週にこの男をどのように待っていたのか分からない!やはりチャン・ヒョクはとてもクールである!」、「チャン・ヒョクが選択されたドラマはテカルから非常に違うのね用!時代劇は誰がなんと言っチャン・ヒョク"と熱い呼応を吐き出した。


商売の神#客主2015#パク・ウネ#チャン・ヒョク KBS「商売の神-客主2015」パク・ウネが弟を見つけるために長い道のりを離れた交錯したまま泣き叫ぶ姿で視聴者たちをキュンとした。 劇中千ソリェ(パク・ウネ)は、弟チョンボンサム(チャン・ヒョク)を探して子供の頃の弟を捨てたの注意シンマク議員を訪れた。

千ソリェが議員にママにかかっていた弟チョンボンサム話を取り出しおこう議員の弟がどこにあるか知っていると千ソリェをサンシンダンに連れて行ったこと。サンシンダンで議員が精神が行ったり来たりしたようにしどろもどろしましょう千ソリェはようやくチョンボンサムの名前を呼んで嗚咽した。結局、弟チョンボンサムの痕跡が見つからなかった布ソリェは議員に弟を生かした対価と母のサンゴかんざしを伝えては涙を流しながら窯に乗った。

以後チョンボンサムは姉千ソリェのサンゴかんざしを議員に受け取っては姉を叫びながら千ソリェの窯を追いかけしまった状況。千ソリェは誰か姉を呼ぶ声に窯の扉を開いたが、チョンボンサムを発見できないままドアを閉めてしまっては、限りなく涙だけ流した。結局千ソリェとチョンボンサムはわずかの差で会わなかったし、兄妹の交錯した切なさはお茶の間を詰まってた。











スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼