チャン・ヒョクJangHyuk~出逢えてよかった JangHyuk!I 'm glad that I have met you.

チャン・ヒョクさんの素晴らしい演技力、綺麗な顔、人柄が大好きです

ELLE 10月号 チャンヒョクの名前と値


ELLE 10月号 チャンヒョクの名前と値



韓国サイトさん、ありがとうございます。




kk50000000000000000858.jpg

kk50000000000000000859.jpg

kk50000000000000000890.jpg

kk50000000000000000891.jpg

kk50000000000000000892.jpg


チャン・ヒョクは名前だけでどのような期待感を生み出して間違いなく出世の階段をしてきた。今回の版間違いない。

キャラクターは俳優を記憶ハゲクム作る。キャラクターをどのようおいしそうに消化出すかは、俳優の分け前である。チャン・ヒョクは難しいことでもないように思われる。動的に散乱する青春の形状に登場した彼は傾いて微笑む豪傑も、強靭で正しいヒーローも、愉快なロマンチストもオーダーメイドのように滑らかに演じてきた。これがまさに固有のイメージに置くことができないチャン・ヒョクという名前に込められた底力である。彼の作品がしようとする話を静かに表現することを知っており、大衆の熱烈な共感を醸し出す。その中で自分の声を出すことも忘れていない。

強烈なワンツーストレートパンチのように彼の演技で「見るの味」と「相違」が感じられる理由だ。グロッキー状態に陥ったことのないチャン・ヒョクが戻ってラウンドを迎える。ドラマ<商売の神 - 客主2015>で底を打ち、朝鮮第一の巨像に上がるチョンボンサムを演じる。チャン・ヒョクに新しい作品を披露する期待感とときめきには問わなくても分かるように見えた。さらに太く鮮明になった顔のラインでいくつかの意志が感じられた。

作品が終わっているインタビューはまだ考えていないものを喚起して整理することができていて良いと言った。作品を開始しているインタビューはどんな意味なのか作品が終わった後に、客観的に話すことができていることが大勢いる。「結末についてどう思いますか?」「このシーンは共感しましたか?」と言いながら作品をしながら聞いていた反応を反芻することができる。

今は確実に積み上げたものがなく、主観的であるしかない。新しい作品に入るとキャラクターの分析は、事前にしておくと解釈は、演技をしながらする方だ。撮影をすればするほど、また、他の選択肢が生じる可能性があるからである。これはまるで服をよく装備着るようなものです。この服も着てみあの服も着て見なければなら似合うスタイルを見つけることができます。
ドラマの原作小説<客主>は、すでに1980年代に一回ドラマで作られ漫画で出版された。2015年に生まれた「客主」は、ブラザー砂地されている作品と犬を与えたときどのような個性をかニョトナ先進作品が朝鮮後期行商人を中心に激変の時代相を描いた場合、今度は上部と客主を背景に、人と人との間の話が中心である。

映画<純粋の時代>、ドラマ<輝いたり、与えたり>に続いて、また時代劇をすることになっこの作品が私の心を捕らえた理由もまさにこのような部分である。人の話をよく表現したい欲求が聞いた。劇中、このような場面がある。魔の客主が牛を売る商人に牛をよく売ることができる方法を尋ねると、「そんなことはない。この牛をない売る人家族が飢えと考えてください。その後、何とか売るなる」という回答が帰ってくる。商売人ではなく、人が生きていく話を扱って原作とはまた違った味を感じることができるだろう。

< チュノ>の大吉は「ヘウォンと幸せサルアヤジ」、「根の深い木>のチェユンは「王を殺さなければならない」という明確な目的を持っていた。主人公チョンボンサムをやる気にさせる意志は何である彼は明確な目標を持ってどのような野望を成し遂げようとする人物ではない。どう してしてみると商売をするの真ん中に放り出さたし商人としての生活も恐れている。頭の中には、ただ一日一日生き残るゲトダン考えしかない。これが最終的に彼を生きていく作る原動力である。

<黎明の瞳」の主人公「最大値」のキャラクターを好きなのに、彼の人生は、意志とは無関係に、歴史の流れに押されて、あてもなく流れていく。そうして最後には目がうずたかく積まれた智異山の裾から愛する女性を抱いて死ぬ。チョンボンサムの境遇も似ている。仕方なく生きて行って、様々な人に会い、それら抱きしめウリョダみる自分も知らないうちに巨像になっていく。

史劇作品をすると、その時代の社会的制度と歴史的背景まで全て勉強すると聞いた。今韓国史に「パサク「本当らしい考慮秒、朝鮮秒、朝鮮中期の背景の作品をしており、今回は朝鮮後期だ。朝鮮王朝500年史をまばらに知っているレベルである。私たちの歴史はとても長い(笑)。台本リーディング現場の映像を見ると、昔の商人たちが使っていた専門用語が代謝にたくさん出たよ。印象深い言葉は客主。客主はものを引き受けて売ったり売買を斡旋する中間商人を指す。

ドラマでは、ドンペを率いて人家族の責任を負うヘッダーという点で、「責任をだ」という意味を持つこともある。そこで、この二つの文字の中にはリーダーが宿命的に抱擁しなければ責任感とヒムギョウム、悲しみが込められていると思う。しかもその頃には「士農工商」として商人を最も軽視した。

チョンボンサムの代謝中にこのようなものがある。「私はなぜ客主なにならなければのか?私そんなことしない。客主がどのような桁のかアナ?私の喉を歩かなければなら席だ。」「守るべき常道がある」という言葉は、分野を問わず、通常使われる。俳優が守るべき神はボクシングの試合では、頭と足、肘の使用を禁じベルトラインの下を価格いけない。

リング上の選手たちは、これを熟知して、徹底的に許可された範囲内で一緒に試合を導いていく。特に高レベルの試合では、両選手が送受信されるリズム感が感じられたりする。良い演技もアンサンブルが重要である。これ覚めてはならない。作品に応じて相手役がより浮き彫りになることがありますが、本質的に、私たちは一方である。連帯をよく成しキャラクターに説得力を与える必要があり、大衆が私たちの仕事を見てくれる。私上手ことを示すものは、次の日である。

もし自分をセールスするならどのような面をアピールしたいと思う状況に応じて、他の戦略が必要である。国内監督、製作者は私について何固定されたイメージを思い浮かべるだろうから会話をしながら、元の並ん人が持っている感じを伝達しようとする。

一方、海外の監督には、私のキャラクターを演じたとき可能な面をアピールする。しばらく前に撮影した中国映画「真実禁止区域」でアクションシーンがあるから監督に今まで僕が演じたアクションシーンを編集して見せてくれた。「私はこのような機能を持った俳優だ」「このアクション神合計は、私作った」という説明と一緒に。監督が自分の能力の範囲を知っているものとそうでないものの差が大きいと思う。アクション俳優、時代劇専門というイメージが強い。ポートフォリオは、どのよう様々なが示すことができることが多い。アクションと史劇のほかロマンス、コメディ、メロー、スリラーなど多様なジャンルをした。

<風邪>は災難映画であった。だから抜け出したい画像のようなものはない。私にはよくしようと努力している分野は、よくある事だ。これは私の商品価値がないかと思う。現実的に見れば学ぶフリーランスだ。作品が終わった後、次の作品がなければ仕事を休ませてなる 。だから撮影現場で監督、プロデューサー、俳優たちが私の演技を見て後も出て作業を一緒にしなければゲトダン気がするよう作成しようとしている。

プロは上手も重要だが、着実に仕事をしなければならない。自分の演技を大衆がどのように見てもらいたいですか客観的に見てて欲しいならない。スポーツの試合を見るときのような国では、同じ故郷の選手がいれば、私たちの側とは考えに熱心に応援することになる。しかし、感情を移入すると、心を煮詰める試合自体を楽しまないこともある。ドラマを見る最も大きい理由は、喜びを得るためだ。良いことになるだろうという気持ちで見れば力だけかかる。期待感を持っても私の演技を信じて安らかな気持ちで見てもらいたい。

ドラマ予告編にチョンボンサムは「お金を持って遊ぶことを知っている者」というフレーズと一緒に登場する。自分はお金を使うことより集める方である。財布がタイトなクローズのだろ話ではない。
お金に関しては、このような考えを持っている。お金を使って何かを意味する必要があり、よく書いたことがある。それなりの意味があるとここ支出は家族のために使うこと。個人的には、DVDを購入と運動受講料程度だ。

DVD購入にはどのような意味があるのか 、父が無愛想で言葉数が多くなかった。しかし、映画が好き頂きDVDを一つずつ買ってくるようになったこれ対話の媒介となった。また、DVDを分類して整理するとの考えを喚起させることができてもいい。最初はただとんとん挿しておいた数が増え、監督、俳優、ジャンル別に区分して管理している。どのよう所蔵しているか 7000枚を超えるようだ。本人の出演作は棚のどこに置かれているか、最初、始点にぴったり置かれている(笑)。私の最も大切なものである。多くの場合、取り出しを見るも一つ時々 。飲み物たか、以前にどのようにしていることだろうするとき取り出してみる。その頃の演技より過ぎ去っ時間と思い出を表示する側面が大きい。

デビュー20年目に入った。撮影現場がまだ楽しい理由は極端だとおもしろい。煙が十分に出るエンドルフィンがセムソトが何か解けないとストレスの数値が高くなる。ソトグチョトダが墜落し、再跳躍して。それとともに生活の生々しさを感じる。また、撮影現場には、日常で、より多様な感情が行き交う。リアクションも確かである。よく人々は「語、そう」「そうだった?」とわずかな単語に閉じ込められて生きることだ。

撮影現場が常に楽しいできないが、このような点から、嫌いがない。再び試してみたい作品は、あえて一つを挙げるならば、2002年にした史劇<待望>である。チョンボンサムと似たようなキャラクターだったその時、私の器が小さかった。年齢が幼いもしたし。どう やら今はそれよりも人を入れることができる余地が大きくなった。再びなら、新しくないかと思う。

数ヶ月前にファンタジー学園武侠映画<火山高>がリブートされるというニュースがあった当時、<火山高>は不慣れなジャンルであり、アクションシーンが多く、無知なほどタフに撮った。ワイヤーアクションをしながら、1年の間にぶつかり落ち割れて。その後もこの映画ほど難しい現場がなかった。ハァッ、今再びようもない(笑)。

PHOTOGRAPHERギムドウォン











スポンサーサイト

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール ▼

最新記事 ▼

月別アーカイブ ▼

FC2カウンター ▼

検索フォーム ▼

QRコード ▼

FC2カウンター ▼